CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年12月 | Main | 2021年02月»
最新コメント
最新記事
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新トラックバック
お勉強 (05/11)
強いられた平和の法に従わせられたとしても・・・。 [2021年01月07日(Thu)]
(1055)
 確かに、イギリスの圧力の下で、いわば強いられた平和の法に従わせられていた人々は、もしイギリスがインドから撤退すれば再び内戦を始めるかもしれません。
 しかし、たとえ外的な力によって暴発を抑えることができたとしても、それは決して利点とは言えません。抑えられたものは、必ずどこか別の所から噴き出して来るに違いないのですから。
   


 「イギリスの統治がなければ我々はやっていけない」という考えをガンディーは否定します。
 ここでは、「イギリスの統治によって、インドの治安は維持されているのではないか。イギリス人がいなくなれば、インド人の間で抑えられていた様々な争いがあちこちで勃発するのではないか」という意見に対して反論しています。
 このような主張は、既に(313)で述べられていました。つまり、社会の中の各種の争いをさらに強大な力によって抑えたとしても、決してそれは真の平和ではないというのが彼の持論なのです。
 しかし、実際の問題としてはイギリスの統治がなくなればインド人の間に少なからぬ暴力(個人間あるいは集団間の争い、あるいは暴力的な犯罪など)が生じてしまう可能性についてはガンディーも認めています。
 この問題に関して、彼がどんな見解を示しているのかと言うと・・・ 
第116回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(1) [2021年01月07日(Thu)]
 昨日は、第116回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」を開催しました。
 R君、今日のテーマは何ですか?
 「今日のテーマは、・・・また、この前のとは別の小説を読んだので、その感想を・・・」
 えーっ、また、粗筋になっちゃうんじゃないでしょうね。
 「いや、そんなことはありません。今度は、ちゃんと感想を述べたいと思います」
 そうですか。では、聞かせていただきましょう。
 ・・・

                       (つづく)
| 次へ