CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年12月 | Main | 2021年02月»
最新コメント
最新記事
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新トラックバック
お勉強 (05/11)
暴力は、この土地の土壌に合わない。 [2021年01月01日(Fri)]
(1049)
 暴力はインドの土壌に合いません。だから、あなたたちの闘いは魂の力以外によるものであってはならないのです。


 
 インド民族運動の過激派の人たちに対するガンディーのへのメッセージの続きです。
 「自治の本質から言って、それは力や武器によって得られるものでは絶対にありえない(1048)」と述べた後、彼はさらにこう言います。
 「インドの文明は、非暴力の文明である」。これは、彼の確信です。(858)で彼は、「インドの民衆は、暴力を使わない抵抗の方法を常に選んできた」という趣旨のことを言っていました。また、(439)を見れば、彼が多様なインドの宗教の本質を「不殺生の教え」ととらえていたことが分かります。だから、インド人が暴力を使おうとすることはありえないし、あってはならないと考えているのだと思います。
 そして、過激派への訴えの締め括りとしてガンディーは・・・
     
第115回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(2) [2021年01月01日(Fri)]
 12月30日の第115回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告の続きです。
 
●時効というものは、どうしてあるのか?
●時効は、なくした方がいい?
●正義とは何か?
●法とは何か?
●罪を裁くとは、どういうことか?

 そして・・・

          (つづく)
2021年 下川わわわ大学の新年のご挨拶 [2021年01月01日(Fri)]
 明けましておめでとうございます。
 今年もよろしくお願いします。

 2021年になりました。ぼくたちは、人類の歴史の中で、今、どんな所にいるのでしょうね。

 さて、今からちょうど100年前の1921年、インドのガンディーとタゴールがチャルカに関する論争をしたそうです。「みんなでチャルカ(手回し糸車)を回して糸を紡ごう」という運動をしていたガンディーを、タゴールが批判したのです。ただし、タゴールが機械に象徴される西洋文明を支持していたのかというと、決してそうではありません。
 その5年前の1916年、タゴールは日本の東京帝国大学で講演し、こう語ったそうです。
 「日本人たちよ、あなたがたはその近代文明を、そのまま受け入れてはならない」

 西洋で生まれ世界に広がりつつあった近代文明とは違った文明が人類には必要であるという考えにおいて、二人はかなり一致していたのではないかと思います。
 タゴールの言葉の意味を真に理解することは、100年前の日本人には難しかったかもしれません。しかし、今はどうでしょう? 随分長い時間を要したにしても、今からでも、ガンディーやタゴールから学んで彼らの志を受け継ぐ努力をすべきなのではないかとぼくは思います。

 本学のブログに連載しているガンディー研究ゼミは、「ヒンド=スワラージ(インドの自治)」の最終章に入っています。
| 次へ