CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年09月 | Main | 2020年11月»
最新コメント
最新記事
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新トラックバック
お勉強 (05/11)
自分の子や孫には、母国語で教育せよ。 [2020年10月03日(Sat)]
(960)
 しかし、英語を既に習得している人でも、自分の子や孫には母国語で道徳を教えなければなりません。そしてまた、母国語以外にもう一つ、インドの他の言語を教えるべきです。
 

 
 英語教育に関するガンディーの見解の続きです。彼の基本的な考えは、「英語の使用はインドの従属化を深め、固定化するものだ」(951)というものです。しかし、当時のインドで英語が共通語になっていた現実も踏まえて、「既に英語教育を受けてしまっている人は、それが必要な所では英語を役立てれば良いでしょう(918) と、柔軟な姿勢も見せていました。
 ところが、既に英語を学んでしまっている人は正しい目的のために英語を活用してもよいが、そのような人々でも自分の子や孫に英語を教えてはいけないと言っています。インド人は、やはりインドの言葉を大切にしなければならないと彼は確信しているのです。
 広いインドにはたくさんの言語がありますが(現在のインドの憲法には、約22の公用語が制定されているそうです)、その中の複数の言葉を学ぶべきだと彼は言っています。つまり、母国語と英語ではなく、母国語に加えてその他のインドの言語を習得した方がよいということですね。
 しかし、英語を学ぶことは絶対に避けなければならないというわけでもないのです。この後、彼は・・・
第184回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(3)サーマーン朝とマムルーク。 [2020年10月03日(Sat)]
 9月30日の楽しく学ぶ歴史ゼミの報告の続きです。

●中央アジアで最初のイスラム王朝、サーマーン朝。
●これは、イラン系だった。
●しかし、兵隊としてトルコ人を使った。
●トルコ人の子弟を奴隷として購入し・・・。
●訓練を施して、優秀な軍人に育てる。
●これを、マムルークという。

 そして・・・

                 (つづく)
しもかわ読書会9月例会の報告(3)革命的思想家・安藤昌益。 [2020年10月03日(Sat)]
 「しもかわ読書会」9月例会の報告の続きです。

●しかし、安藤昌益はただのお医者さんではない。
●日本の中でも際立った思想家。
●江戸時代に、身分制度を全否定した人。
●仏教・儒教・神道・陰陽五行説、すべてを克服し、批判した。
●エコロジー思想の先駆者。

 そして・・・
         (つづく)
| 次へ