CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年08月 | Main | 2020年10月»
最新コメント
最新記事
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新トラックバック
お勉強 (05/11)
第184回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(1)トルキスタン。 [2020年09月30日(Wed)]
 今日は、西町キャンパスで第184回「楽しく学ぶ歴史ゼミ」を開催しました。
 平安時代のドロドロした権力争いに嫌気が差したので、中央アジアに舞台を移しました。
 
●中央アジア、トルキスタン。
●「〜スタン」って、多いよね。
●「〜スタン」とは、「土地」という意味。
●トルキスタンは、トルコ人の土地。
●現在のトルコは小アジア半島にある国だが・・・。

 そして・・・
                  (つづく)
英語教育がなかったら・・・ [2020年09月30日(Wed)]
(957)
 私たちは文明の病にすっかり取り囲まれてしまっているので、英語教育がなければもはや一緒に何かをしていくことができないのです。



 「英語教育はインドが自治を獲得するために不要なのか?」という若い読者の質問に対して、ガンディーは、「その答えはイエスでもあり、ノーでもある」と答えました。
 そして、ここでは「ノー」、すなわち「英語教育は不要ではない」という見解について彼は述べているのです。
 その理由は、上にあるように消極的なものです。つまり、英語教育の推進はインド人の置かれている状況の改善にとって決して好ましいわけではないが、現実的にはそれが必要不可欠な状態になってしまっているということです。
 「私たちの国の最高の思想は英語によって表現されている」、「国民会議の議事進行でさえも、英語によって行われている」、「インドで最も有益な新聞もまた、やっぱり英語で印刷されている」、「インドにおけるインド人の裁判も、英語で行われている」というような状況は、「我々の隷属状態の象徴だ」と彼は言いますが(954)、それでも現実としてそうなってしまっていることも無視はできないのです。
 そして、ガンディーは・・・
しもかわ読書会9月例会の報告(2)安藤昌益 [2020年09月30日(Wed)]
 「しもかわ読書会」9月例会の報告の続きです。
 
●秋田出身の偉大な思想家、安藤昌益。
●現在の秋田県大館市二井田の豪農の家に生まれた。
●長男ではなかったので家を継がずに京都へ出た彼は・・・。
●はじめ仏門に入り、悟りを開いたが・・・。
●悟りを開いた後、仏教に疑問を感じたらしい。
●京都で医学の勉強をして、青森県の八戸で開業した。

 そして・・・            (つづく)
| 次へ