CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年08月 | Main | 2020年10月»
最新コメント
最新記事
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新トラックバック
お勉強 (05/11)
人間形成と教育。 [2020年09月01日(Tue)]
(928)
 我々が一人前の人間になるために、そして自らの義務を果たせるようになるために、教育というものが役立つことはまったくないのです。
 


 「教育の必要性について、あなたはどう考えるのか?」という若い読者の質問(900)に対するガンディーの答えの最終結論です。
 一般的な考えでは、教育とは人間が望ましい成長発達を遂げるために積極的な支援を行うことであると言えるでしょう。では、人間にとって望まれる成長発達とは何かというと、これは様々だと思います。「その人が社会的な成功を収めるために有利な条件を獲得すること」「その人の自己実現につながる知識や教養を身につけること」「その人の属する社会が求める資質や思考様式をその人に身につけさせること」など、教育によって実現されると思われる機能のうち何を重視するかは、もちろん人によって異なるでしょう。
 さて、ガンディーにとって大切なのは、何よりも「人間としての義務を果たすこと、すなわち道徳の実践(559)」であって、それは「文明」とも同義なのです。そのような人間としての義務の遂行につながらないような教育は、彼にとっては無意味なもの、さらに言えば邪悪なものでしかないのです。
 そのようなガンディーの教育無用論を聞いた若い読者は・・・
第98回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(5) [2020年09月01日(Tue)]
 8月26日の第98回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告の最終回です。
 
●相手に伝わるかどうか、それ以前に・・・。
●本当に思っていること以外を言ってはいけない。
●話を盛るだけだったら、内容を縮小して聞けばよいが・・・。
●思っていないことを言う人だったら、相手は話を聞く気にならないだろう。
●嘘をつくつもりでなくても、嘘になってしまう。


 第99回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」は、明日、9月2日(水)の18時からです。
しもかわ読書会8月例会の報告(2)特別攻撃隊は、何が特別なのか? [2020年09月01日(Tue)]
 「しもかわ読書会」8月例会の報告の続きです。
 
●戦闘は、味方の犠牲や損傷を最小限して、敵に最大の損害を与えようとするもの。
●だから、体当たり攻撃は通常とは違った非常の手段。
●飛行機も熟練のパイロットも失うことになる。
●特攻は、パイロットの技術や努力の否定。

 そして・・・            (つづく)
第181回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(8)信濃の国。 [2020年09月01日(Tue)]
 8月19日の楽しく学ぶ歴史ゼミの報告の最終回です。
 
●鬼とは、どういう存在だったのか?
●信濃の国は、都にとってどんな土地だったのか?
●飛鳥時代の仏像がどうして信濃の善光寺に?
●国譲りの時、大国主の子のタケミナカタが天津神のタケミカヅチに敗れて出雲から信濃の国へ逃げたことになっている。


 次回は、明日、2日(水)です。
| 次へ