CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年07月 | Main | 2020年09月»
最新コメント
最新記事
<< 2020年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新トラックバック
お勉強 (05/11)
学問は一体何の役に立つのか? [2020年08月21日(Fri)]
(917)
 しかし、それが何だというのでしょう?
 それらの学問は、一体どのように私の役に立ったというのでしょうか? あるいは、私の周囲にいる人々の役に立ったというのでしょうか?
 私が学問をしたのは、果たして何のためだったのでしょうか?



 高等教育についてのガンディーの話の続きです。
 「私は、地理学・天文学・代数学・幾何学など、いろいろな学問を修めました(916)」と述べた後、しかし、「それらの学問はまったく役に立たなかった」とガンディーは断言しています。
 では、一体どうして彼はそれらの高等教育を受けたのでしょうか? 恐らく、初めは彼も、祖国インドの発展のため、また同胞であるインド人民の生活の向上のため、自分がヨーロッパの学問を勉強し、ヨーロッパ的な教養を身に付けることが大いに役立つと考えたのでしょう。そして、そのような志を抱いたからこそ、はるばる海を渡ってイギリスへ留学したのだと思います。
 ちなみに、彼がイギリスで専攻した学問は法律学でした。弁護士の資格も取得しているので、決して彼が勉学を怠け、中途で投げ出したわけではありません。
 そして、自らの専門である法律家という職業さえも厳しい批判の対象にしていること(第11章)から考えると、実際に高等教育を受け、専門的な学問を修めたものの、ガンディーはその意義に関して否定的な評価を下さざるを得なかったのだと思われます。
 さらに、続けて彼は・・・
第181回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(2)清和源氏と鬼。 [2020年08月21日(Fri)]
 19日の楽しく学ぶ歴史ゼミの報告の続きです。

●清和源氏の祖は、源経基。
●清和天皇の孫が、臣籍降下した。
●経基の子は源満仲、その子は頼光。
●源満仲は、次回登場します。
●今日は、経基と頼光。2人とも、鬼と関係がある。

 そして・・・

                 (つづく)
第97回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(2) [2020年08月21日(Fri)]
 一昨日の第97回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告の続きです。
 
●新型コロナの影響で、修学旅行の内容もいくつか変更になった。
●あーあ、ルスツの遊園地に行きたかったなあ。
●中学校の修学旅行の意義って、遊園地で遊ぶことなの?
●公共交通機関と、貸し切りバスと、どっちが安全なのか?
●旅行と感染リスク。

 そして・・・

          (つづく)
| 次へ