CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年07月 | Main | 2020年09月»
最新コメント
最新記事
<< 2020年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新トラックバック
お勉強 (05/11)
第180回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(5)正義を求めて、反逆者となる。 [2020年08月11日(Tue)]
 5日の楽しく学ぶ歴史ゼミの報告の続きです。
 
●周囲から求められる役割を果たしているうちに・・・。
●朝廷の出先機関と戦うことになった将門。
●結果として、朝廷に対する反逆者になってしまった。
●常陸国府軍を破り、国の印を奪った。

 そして・・・

                             (つづく)
同じ手段でも、使われ方によって善にも悪にもなる。 [2020年08月11日(Tue)]
(907)
 手段は、正しく用いられることもあれば誤った使い方をされることもあります。
 ある病人を治療するのに有効だった手段は、彼の命を奪う手段にもなりうるのです。
 


 「教育とは、手段に過ぎない(906)」と述べた後、ガンディーはこのように続けます。
 確かに、ある手段の善悪や是非については、それがどんな結果をもたらしたかによって評価されるべきでしょう。しかし、同一の手段が常に同一の結果をもたらすとは限りません。ガンディーが指摘するように、使い方によってその手段を用いた結果も大きく変わってしまう可能性があるのです。
 ここでまた、たとえを使って彼は語ります。「病人を治療する手段」とは、投薬や手術や、その他いろいろな治療法のことでしょう。もちろん、それらが効果を発揮して病気を治癒させたり症状を緩和させたり病気の進行を遅らせたりすることはあるでしょう。しかし、同じ治療法を用いたとしても、その用い方、タイミング、病気の特性、患者の状態などによって、結果は大きく変わってくるはずです。場合によっては、不適切な治療によって病気がかえって悪化したり、深刻な副作用が生じたり、最悪の場合は患者を殺してしまうこともあるでしょう。
 こう述べた後、ガンディーは・・・
第95回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(6) [2020年08月11日(Tue)]
 5日の第95回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告の続きです。
 
●GoToトラベルで、誰が得をするのかな?
●旅館や土産物屋さんは、あんまり大儲けはできない。
●中間で利益を受ける人が、大儲けできる。
●どうしてそんなことをするのだろう?
●楽で儲かる仕事がしたいって、君も言ってたじゃないか。

 そして・・・

          (つづく)
| 次へ