CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年07月 | Main | 2020年09月»
最新コメント
最新記事
<< 2020年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新トラックバック
お勉強 (05/11)
武器を捨てる勇気。 [2020年08月03日(Mon)]
(899)
 その瞬間、彼は手に持っていた棒を地面に投げ捨てました。
 すると、本当に何物も恐れない心が自分の中に満ちてくるのが分かったのです。
 


 「杖を持った人が歩いていて、その目の前に突然ライオンが現れた」というたとえ話(897)の続きです。
 彼は、本能的に身を守ろうとして杖を持っていた手を振り上げたのですが、その時に、「自分は常日頃勇気について語っていたが、本当の勇気は持っていなかった」と反省したのです。つまり、武器を取って戦おうとするのは勇気がある証拠ではなく、反対に臆病である証拠だと考えたのです。
 そして、彼はなんと、持っていた棒を手から放して地面に捨ててしまったそうです。すると、不思議なことに、何も恐れない心が彼の心を満たすようになったそうです。
 ということは、「武器を捨てるためには勇気が必要」であるだけではなくて、「さらに大きな勇気、何も恐れない真の勇気を獲得するためには、武器を棄てなければならない」ということになります。武器を捨てる、すなわち我が身を守るための闘争を放棄するということは、生命に対する執着を捨て去るということです。だから、何も恐れない心を手に入れることができるのですね。
 この後、ライオンがどんな行動をしたのか、彼の運命がどうなったのか、それはまったく語られません。ガンディーにとっては、生きるか死ぬかよりも真実に目覚めることが大切なのでしょうね。恐らく、「朝に道を聞かば夕べに死すとも可なり」(「論語」)に通じる心境なのだと思われます。
 さて、この話を聞いた若い読者は・・・
しもかわ読書会7月例会の報告(8)クマに遭わないために。 [2020年08月03日(Mon)]
 「しもかわ読書会」7月例会の報告の続きです。

●クマはやたらに人を襲う動物ではない。
●クマは、タバコの匂いを嫌うらしい。
●ペットボトルを押してペコペコ鳴らす。
●立ち木をタテに叩いて音を出す。
●クマも、警告音を出す。

 ところで・・・
                       (つづく)
第179回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(7)ケガレ観念と差別。 [2020年08月03日(Mon)]
 7月22日の楽しく学ぶ歴史ゼミの報告の最終回です。
 
●ケガレは、キヨメによって解決される。
●水や塩によってキヨメが行われるのはなぜか?
●食中毒や病原菌を防ぐ方法を、昔の人は経験的に知っていたのだろうか?
●病気が人から人へ伝染することを、人々はどのように感じたのか。
●やがて、ケガレ観念は差別意識に変化していく。


 次回は、明日、5日(水)です。
今週の予定 [2020年08月03日(Mon)]
 今週の予定です。
 

 【楽しく学ぶ歴史ゼミ】
 第179回楽しく学ぶ歴史ゼミ
 日時  8月5日(水)
     12時半〜14時
 場所  西町キャンパス
 内容  平将門・藤原純友の乱


【小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ】
 第95回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」
 日時  8月5日(水)
     18時〜18時45分
 場所  下川町公民館2階会議室
 内容  参加者の希望に応じて
  

 すべて、誰でも参加できます。どうぞよろしくお願いします。 
| 次へ