CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年06月 | Main | 2020年08月»
憎しみの心を完全に克服すれば、剣は必要ない。 [2020年07月31日(Fri)]
(896)
 心の中に憎しみの気持ちがまったく起こらないようになれば、剣など持つ必要はなくなってしまうのです。


 
 「剣士にとって余計な努力が必要になるのは、勇気が不足しているからだ」(894)という話の続きです。ここで「剣士にとっての余計な努力」と言われているのは、剣を使って戦う技能を高めるための努力のことです。つまり、「剣を使って戦うことは、剣士にとっても不必要なことだ」とガンディーは主張するのです。
 彼の考えによれば、こういうことになるのだと思います。すなわち、「心の中に憎しみの気持ちがまったく起こらなければ、他人と戦う理由は存在しなくなる」→「他人と戦うことがなければ、もちろん剣を持つ必要もない」。
 しかし、「たとえ憎しみの心を持っていなかったとしても、相手が自分を傷付けようとして攻撃してくる場合はどうなのか? 剣を持っていなければ、自分の身を守るための手段も放棄してしまうことになるではないか?」という疑問が当然沸いてくるでしょう。
 これに対して、ガンディーは・・・
                        
第94回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(2) [2020年07月31日(Fri)]
 29日の第94回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告の続きです。
 
●学校では、勉強をさぼったとしても・・・
●よほどのことがなければ落第はしない。
●成績によって、待遇に差がつくこともない。
●しかし、仕事では結果を出さなければならない。
●給料を払う側の立場に立って考えれば・・・

 そして・・・

          (つづく)
第179回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(5)肉食も穢れ。 [2020年07月31日(Fri)]
 22日の楽しく学ぶ歴史ゼミの報告の続きです。

●動物の肉を食べるのも穢れ。
●お祭りの時は、肉を食べてはいけない。
●肉食を穢れとするのは、仏教の影響か?
●それとも、もともとあったのか?
●祭に関係するということは、神様が穢れを嫌うから?

 そして・・・
                  (つづく)
| 次へ