CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年06月 | Main | 2020年08月»
臆病な兵士は、兵士とは言えない。 [2020年07月24日(Fri)]
(890)
 そして、何物も恐れない心。これを持っていない兵士がいたとすれば、その人は決して戦士であるとは言えないでしょう。



 「受動的抵抗に必要な条件は、兵士になるためにも必要である(888)」という話の続きです。
 受動的抵抗の実践者になるための第一及び第二の要件、すなわち「純潔」と「清貧」については(889)で言及されていましたが、ここでは「何物も恐れない心」もまた、受動的抵抗者のみならず兵士にとっても必須の要件であるとガンディーは述べています。
 それは、もちろんそうでしょう。何と言っても、他人と命のやり取りをするのですからね。けれども、彼の考えによるならば、暴力で他人と戦う勇気は決して受動的抵抗者の勇気に勝るものではないのです。(834)
 しかし、受動的抵抗者になるための要件はもう一つありました。それは、「真実」です。これについては、果たしてどうなのでしょうか?
 ・・・
7月定例学問会の報告(6)どうして「go to」なのか? [2020年07月24日(Fri)]
 5日の定例学問会の報告の続きです。
 
●観光業を支援するにしても、別の方法はないのか?
●例えば、個別補償とか。
●間接的な需要喚起の方がやりやすい面もあるだろう。
●それよりも、利権の問題かな?
●政治とは、利益誘導である。

 そして・・・
                (つづく)
第179回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(1)延喜式と穢れ観念。 [2020年07月24日(Fri)]
 水曜日は、西町キャンパスで第179回「楽しく学ぶ歴史ゼミ」を開催しました。
  
●藤原時平が死んだ後は、弟の忠平が政治の中心人物になった。
●3兄弟の真ん中、仲平は弟に先を越されてしまった。
●忠平は、延喜式を完成させた。
●延喜式には、「穢れ(けがれ)」についての規定も明文化されている。
●日本に古くからあると言われているケガレ観念。

 そして・・・
                  (つづく)
しもかわ読書会7月例会の報告(2)クマを師匠とする。 [2020年07月24日(Fri)]
 「しもかわ読書会」7月例会の報告の続きです。
 
●クマが私の師匠。
●山の歩き方やクマの行動など、すべてをクマから学んだ。
●クマの気持ちになって考える。
●アイヌと和人のハーフ。
●どうして単独で狩りをするようになったのか?

 ・・・            (つづく)
| 次へ