CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年06月 | Main | 2020年08月»
最新コメント
最新記事
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新トラックバック
お勉強 (05/11)
既婚者が、完全な純潔を守るためには・・・。 [2020年07月09日(Thu)]
(875)
 では、結婚して妻のいる人はどうすればいいのか?
 そういう疑問が起こってくるのも当然だとは思います。しかし、それはまったく無用の心配なのです。



 「純潔こそ、受動的抵抗の最も重要な原則の一つです(872)」とガンディーは言いました。この場合の純潔とは、まさに性的な禁欲のことです。「それがどうして受動的抵抗と関係あるのか」と思う人もいるかもしれませんが、彼にとっては大いにあるのです。「完全な純潔を貫き通すことができなければ、受動的抵抗を行う精神的な強さを保持することはできない」とさえ彼は断言しています。
 けれども、この主張に対しては、「では、既婚者はどうなのか?」という疑問が当然提起されてくるでしょう。それは、ガンディーも十分に承知しているようで、そのような疑問にもきちんと答えようとしています。
 しかし、「その心配は無用」と言っているので、もしかすると・・・
7月定例学問会の報告(2)信玄堤と山田堰。 [2020年07月09日(Thu)]
 5日の定例学問会の報告の続きです。
 
●堤防を高くしても、想定外の洪水は防げない。
●自然の力に、人間は勝てない。
●信玄堤は、洪水を防ぐのではなくて被害を小さくしようとした。
●ペシャワール会は、自然に逆らわない人間の英知の結晶である福岡県の山田堰をモデルにした。

 そして・・・
                (つづく)
| 次へ