CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年06月 | Main | 2020年08月»
最新コメント
最新記事
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新トラックバック
お勉強 (05/11)
いろいろな条件に恵まれているのに、受動的抵抗を実践できない人々もいる。 [2020年07月04日(Sat)]
(870)
 しかし、その反対の事例も私は知っています。
 すなわち、身体が強健であり、その他の点についても様々な条件に恵まれていると思われる人々が、受動的抵抗を始められないでいることも多いのです。
 


 「年が若くても、体が病弱であっても、受動的抵抗者になることができる。私はそのような事例を知っている(869)」と述べた後、ガンディーは、その反対の事実も存在することを明らかにしています。
 この本(「ヒンド=スワラージ(インドの自治)」)が書かれたのは1909年、ガンディーがイギリス領南アフリカ連邦におけるインド系移民の権利を守る活動を行っていた頃です。まだ、インド独立運動には直接参加していません。しかし、南アフリカで既に非暴力による抵抗運動は実践していたので、その経験に基づいた発言だと思います。
 つまり、体が健康で、知識もあり、社会的地位や財産もある程度持っているにもかかわらず、受動的抵抗に参加できない人もいたということなのです。
 そういうわけで、「受動的抵抗者になるのは容易なことでもあり、困難なことでもある(868)」というような、まるで禅問答のようなことを言っていたのですね。
 そして、ガンディーは・・・
6月定例学問会の報告(8)その他の話題。 [2020年07月04日(Sat)]
 6月7日の定例学問会の報告の最終回です。
 
●怪しいお金の動き。
●リンリンサコッシュ大好評。
●社会福祉協議会は、民間です。
●形式と実態が違うこともよくある。
●トマト作り。


 「下川わわわ大学」の7月定例学問会は明日、7月5日(日)です。
第90回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(3) [2020年07月04日(Sat)]
 1日の第90回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告の続きです。
 
●謙虚に、そして素直に。
●余計なことを考えずに、純粋に知りたいと思う。
●分かっているつもりが、理解の妨げになる。
●思い込み、決め付け、先入観、偏った見方。
●心を無にして。

 それから・・・

          (つづく)
| 次へ