CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年06月 | Main | 2020年08月»
最新コメント
最新記事
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新トラックバック
お勉強 (05/11)
受動的抵抗者になるためにはどうすればよいのか? [2020年07月01日(Wed)]
(867)
<読者>
 お話を伺ってみますと、受動的抵抗を実践するのは決して簡単なことではないように思われてきました。
 もしそうだとすると、私はあなたにぜひご説明願いたいのですが、受動的抵抗者になるためには一体どうすればよいのでしょうか?
 


 
 受動的抵抗についてのガンディーの話を聞いて、「受動的抵抗は弱者の武器だ(828)」と言っていた若い読者もその考えを改めたようです。
 受動的抵抗は、弱い者にも可能な次善の策ではありません。それどころか、あらゆる意味での人間的強さを必要とする大難事なのです。なぜなら、ガンディーによれば、「受動的抵抗を行うためには暴力を用いて戦うよりも大きな勇気が必要だ。そのためには、自分自身の心を統御する力を持たなければならない。それは、怠惰で贅沢な生活をする者には到底不可能なことだ」ということなのですから。
 そうなると、「受動的抵抗を実践するのは簡単なことではない。では、一体どうしたらそれに必要な条件を身につけることができるのだろうか?」という疑問が沸いてくるでしょう。そこで若者は、今度は「受動的抵抗者になるための方法」をガンディーに尋ねるのです。
 この問いに対して、ガンディーは・・・
第89回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(3) [2020年07月01日(Wed)]
 6月24日の第89回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告の最終回です。
 
●形式よりも意味が大事。
●どんな用語を使っているかよりも・・・。
●論理構造がどうなのかが問題。
●こう書かなければいけないということは、ない。
●言葉にとらわれず。


 第90回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」は、今日、7月1日(水)の18時からです。
第177回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(3)律令政治の理想を追求したのか、それとも・・・。 [2020年07月01日(Wed)]
 24日の楽しく学ぶ歴史ゼミの報告の続きです。
 
●延喜の治は、解体しつつあった律令体制を立て直そうとしたと言われる。
●延喜の荘園整理令。
●最後の班田収授。
●延喜格式の編集。
●しかし、実際には律令体制の崩壊は防げなかった。

しかも・・・

                 (つづく)
| 次へ