CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年03月 | Main | 2020年05月»
受動的抵抗は、遵法精神と矛盾するものではない。 [2020年04月30日(Thu)]
(807)
 私たちは遵法精神のある国民です。しかし、それが本当に意味する内容は、私たちが受動的抵抗の実践者だということなのです。
 ある法律が自分たちの意に沿わないからと言って、我々はその法律を制定した人たちの頭をかち割ったりはしません。その代わりに、苦しみは自分が受けるのです。それでもなお、その法に服従することは拒むのです。



 「法に違反するような抵抗をするのは、遵法精神に反するのでは?(804)という若者の疑問に対するガンディーの回答の続きです。
 この議論の鍵は、「遵法精神」という言葉の意味をどう解釈するかです。遵法とは、法に従うことです。つまり、法を尊重し、法に則って行動する。いかなる場合においても法を遵守(順守)し、法に違反するようなことは行わない。そういうことです。
 さて、ここで問題になるのは、「法とは何か?」です。ガンディーにとって、法とは真理・道徳・倫理などと同じ意味です。人間社会の法、つまり国家や為政者によって定められた法は、真理の法と一致した時にのみ有効なのです。
 もちろん、これとは別の考え方もあります。それに対するガンディーの見解は・・・
 
4月4日臨時学問会の報告(5) [2020年04月30日(Thu)]
 4月4日の臨時学問会の報告の続きです。

●自然の多様性と調和。
●働きアリの2割はさぼっている。
●無駄は、無駄ではない。
●効率の追求は状況の変化に弱い。

 それから・・・
                           (つづく)
第81回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(2) [2020年04月30日(Thu)]
 27日の第81回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告の続きです。
 
●伝える技術の問題なのか、それとも・・・
●そもそも自分自身がよく分かっていないのか?
●分かっているつもりでも、実は分かっていないことも多い。
●他人に説明しようとする前に・・・。
●自分自身に納得させられることができるか?

 そして・・・

          (つづく)
| 次へ