CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年03月 | Main | 2020年05月»
自分の良心に反するような行為をせよと強制されたら・・・。 [2020年04月18日(Sat)]
(795)
 自分の良心に反するような行為を強制されてもそれを拒もうとする時、私は魂の力を使います。



 受動的抵抗についての話の続きです。受動的抵抗というわけですから、とにかく何かに対する抵抗ではあるわけです。外的な力によって特定の行動様式を強制されたり、またはある行為を禁止されたり、抑圧を受けたり、支配下に置かれたり、あるいはそのような危険にさらされたりした時に、それを拒もうとすることです。
 その拒否・拒絶のための方法によって、受動的抵抗はそれ以外の通常の方法と区別されるわけです。一般的に言うと「受動的」の反対は「能動的」なので、受動的な抵抗の反対は、「何らかの力を自ら発揮して、自分に加えられている外的な力に対抗すること」だと言えるでしょう。
 これに対して、受動的抵抗というのは、その言葉の通りに解釈すれば、「自ら力を行使せずに、外的な力を受けつつ、別の方法で抵抗する」ということになるでしょう。
 では、どうやって抵抗するのでしょうか? ガンディーは、「私は魂の力を使う」と言っています。ここでは「愛の力・魂の力」と「受動的抵抗」を同じ意味の言葉として使っていますが、正確に言うなら「魂の力」は決して受動的ではないのです。(746)
 さらに、続けてガンディーは・・・
4月定例学問会の報告(2)緊急事態宣言 [2020年04月18日(Sat)]
 12日の定例学問会の報告の続きです。
 
●緊急事態宣言で、感染拡大は防げるのか?
●本当に、5月6日までなのか?
●懐かしい、「ここ1、2週間」。
●政府の緊急事態宣言に、何を期待するのか?

 そして・・・
                (つづく)
第79回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(2) [2020年04月18日(Sat)]
 15日の第79回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告の続きです。
 
●敵意や悪感情を抱くかどうかは、人によって違うのではなくて・・・
●時と場合によって違う。
●同じ人でも、いつも同じ感情を抱くわけではない。
●まずは、自分の感情を注意深く見てみよう。
●どんな時、自分は腹が立つか?

 そして・・・

          (つづく)
| 次へ