CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年03月 | Main | 2020年05月»
最新コメント
最新記事
<< 2020年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新トラックバック
お勉強 (05/11)
先住民を滅ぼして現在オーストラリアに住んでいる人々も・・・。 [2020年04月01日(Wed)]
(780)
 しかし、先住民を滅ぼして現在オーストラリアに住んでいる人々も、やがて彼ら自身による侵略の犠牲者たちと同じ運命を辿ることになるでしょう。
 それは、少し考えてみれば容易に分かることだと思います。


 
 「オーストラリアの先住民(アボリジニ)は、侵入者たちによってほとんど殺され尽くしてしまった(778)」という話の続きです。その後アボリジニの人口はかなり回復したのですが、ガンディーの時代にはほとんど滅亡に近い状態に陥っていたようです。彼らを殺したのはこの大陸にやって来たイギリス人であり、その人たちが「オーストラリア」の住民と呼ばれるようになっていたのです。「オーストラリア」は、後から来た人たちがその大陸に名付けた名前です。ラテン語で「南の地」を意味する"terra australis"に由来するそうです。
 それにしても、どうしてオーストラリア人が先住民のアボリジニと同じ運命を辿ることになるのでしょうか? ガンディーは特に根拠を示さずにそう述べています。「それは少し考えれば誰にでも分かることだ」と言っているので、恐らく彼にとっては本当に自明のことだと思われたのでしょうね。
 ただ、このことに関連して・・・
第174回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(1)安史の乱。 [2020年04月01日(Wed)]
 今日は、西町キャンパスで第174回「楽しく学ぶ歴史ゼミ」を開催しました。
 ウイグル→チベット→雲南という流れを受けて、今回のテーマは中国です。安史の乱の後の、唐についてです。
 
●玄宗皇帝の時代。
●楊貴妃の親戚の陽国忠と・・・。
●ソグド系の節度使、安禄山の対立から・・・。
●安禄山が反乱を起こし、玄宗は都を追われ、楊貴妃は殺された。

 そして・・・
                  (つづく)
しもかわ読書会3月例会の報告(8)感染症へのかかりやすさ。 [2020年04月01日(Wed)]
 「しもかわ読書会」3月例会の報告の続きです。

●風邪をひきやすい人と、ひきにくい人。
●粘膜や皮膚のバリア機能の強弱。
●免疫細胞の数と機能。
●ストレスも、やっぱり関係ある。

 そして・・・
                       (つづく)
第173回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(8)南詔 [2020年04月01日(Wed)]
 3月18日の楽しく学ぶ歴史ゼミの報告の最終回です。
 
●雲南の地には、南詔という国があった。
●唐と吐蕃の間にあった南詔。
●民族はチベット⁼ビルマ系。
●安史の乱で唐が混乱すると、力を強めた。
●とにかく、雲南は中国とは別の国だった。
 

 次回は、今日、4月1日(水)です。
| 次へ