CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年02月 | Main | 2020年04月»
私たちは、この世界で繰り広げられてきた戦争の記録のことを歴史だと思っている。 [2020年03月26日(Thu)]
(774)
 私たちが歴史として知っているものは、つまり世界で繰り広げられてきた戦争の記録にほかならないのです。



 「もしも王や皇帝などの支配者たちの行ってきたことが歴史であるとするならば、その中に魂の力の実例を見つけることはできない(772)」とガンディーは言いますが、それは、支配者たちの歴史の中には野蛮で低俗な武器の力しか見られないということです。
 確かに、支配者たちは、国と国との間でも、また国の中においても、本当に数えきれないほどの戦争を繰り返してきました。しかも、破廉恥なことにそれを「平和のため」と称して行うことさえしばしばあります。
 そんな戦争の歴史を見ていると、「戦争のない社会なんて、まったく夢でしかないのだろうか?」という気にもなってしまいそうですが、もちろん希望を失ってはいけません。
 しかし、人間の可能性に対する希望は、決して権力者たちの闘争の歴史の中に見出すことができないのです。
 さらに、ガンディーは・・・
3月23日子ども特別ゼミの報告(2) [2020年03月26日(Thu)]
 3月23日の「子ども特別ゼミ」の報告の続きです。

●教育は何のためにあるのか?
●社会に出た時に必要な能力を身につける。
●じゃあ、その能力とは?
●礼儀、人付き合いかなあ?
●それは、学校に行かないと身につかないのか?

 それから・・・
                           (つづく)
しもかわ読書会3月例会の報告(6)免疫記憶。 [2020年03月26日(Thu)]
 「しもかわ読書会」3月例会の報告の続きです。

 ●免疫記憶と言っても、どうやって記憶するのかと言うと・・・。
 ●感染した後に増大したクローンは、その後も残る。
 ●2度目の病気はかかりにくい。
 ●ワクチンと関係がある。
 
 そして・・・
                        (つづく)
第76回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(1) [2020年03月26日(Thu)]
 昨日は、第76回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」を開催しました。
 R君、今回のテーマは何ですか?
 「はい。今日は壮大なテーマで」
 何ですか?
 「教育とは何か?」
 ほお、教育ですね。それだったら、R君が今現に受けているものだから、身近な問題な問題として考えられますよね。
 ・・・

                       (つづく)
| 次へ