CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年02月 | Main | 2020年04月»
最新コメント
最新記事
<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新トラックバック
お勉強 (05/11)
悪い行為をやめさせるためには・・・。 [2020年03月17日(Tue)]
(765)
 悪いことをする人にそれをやめさせるためには、やっぱり実体的な罰が必要なんじゃないでしょうか? ぼくにはどうしてもそう思えます。
 
 

 愛と慈悲の力によって泥棒を改心させたというたとえ話によって、「愛と慈悲の力は武器の力よりも遥かに勝っている」とガンディーは結論付けました。(738)
 しかし、若い読者はそれとはまったく異なる見解を表明します。つまり、「悪い行動を改めさせるためには、実体的な罰を与えること、あるいはそのような罰を受けるという恐怖を与えることが必要だ」と彼は言うのです。
 この2人の意見の隔たりは、それぞれの人間観の違いに起因していると言えるでしょう。ですから、議論を通じてこの隔たりをなくすのは極めて困難であるように思えます。
 果たして、このような若者の異議申し立てに対してガンディーはどのように答えるのでしょうか?
 ・・・
第74回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(5) [2020年03月17日(Tue)]
 11日の第74回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告の続きです。
 
●音楽をやっている人にとって、作曲家や演奏者の才能に賛嘆させられることはある。
●自分の勉強になると思えることもある。
●でも、それは「癒される」ことなのかな?
●音楽の知識がなければ音楽を鑑賞できないのか?
●音楽の経験がなければ音楽の素晴らしさは理解できないのか?

 そして・・・

          (つづく)
第172回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(6)軍事大国だった吐蕃。 [2020年03月17日(Tue)]
 3月4日の楽しく学ぶ歴史ゼミの報告の最終回です。
 
●チベット人は仏教を信じるようになったが・・・。
●ダライ=ラマが宗教と政治の指導者になったのは、後のこと。
●この時代は、唐の都長安に攻め込んだり。
●インドのヴァルダナ朝に侵攻したりもした。

 
 次回は、明日、18日(水)です。
しもかわ読書会3月例会の報告(2)マンガでわかる免疫学。 [2020年03月17日(Tue)]
 「しもかわ読書会」3月例会の報告の続きです。
 というわけで、今回取り上げた本は、「マンガでわかる免疫学」(河本宏 著)です。

●そもそも免疫は何をしているか?
●感染症から体を守ってくれている。
●微生物は普段から絶え間なく人間の体を襲っている。
●人間は意識していないが、病原菌などと戦い続けている。

 そして・・・            (つづく)
| 次へ