CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年02月 | Main | 2020年04月»
最新コメント
最新記事
<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新トラックバック
お勉強 (05/11)
それは、歴史によって証明されているでしょうか? [2020年03月15日(Sun)]
第17章(受動的抵抗)
(763)
<読者>
 しかし、それは歴史によって証明されているでしょうか?
 魂の力とか真理の力とかあなたはおっしゃいますが、そんなものが成功を収めたという実例が果たして今までにありましたか?



 ここから、新しい章に入ります。「愛と魂の力に比べれば、武器の力などまったく無力だ(749)」というガンディーの主張に対し、若い読者は猛然と反対意見を述べます。
 ガンディーは「愛と魂の力」と言っていますが、若者は「魂、または真理の力」と言っています。しかし、そのような用語の違いはまったく問題ではありません。(後で、ガンディー自身がそう明言しています)
 とにかく若者は、「あなたが言っていることには証拠がないじゃないか。もしもあなたの主張が正しいなら、歴史の中に一つや二つはそのような実例が見出されるはずではないか」と反駁するのです。
 そして・・・
しもかわ読書会3月例会の報告(1)新型コロナウイルスに負けない。 [2020年03月15日(Sun)]
 今日は、「しもかわ読書会」3月例会を行いました。
 会場はモレーナ、と思ったのですが、閉まっていたので急きょ美花夢に変更しました。
 今回のテーマは、やっぱり新型コロナウイルスに関連した本を取り上げました。
 その前に、まず考えてみたいのは、「新型コロナウイルスと戦うのは誰なのか?」ということです。首相でしょうか? でも、あんまり首相に「コロナ対策をやれ」と言い過ぎると、「じゃあ、何かしなくっちゃ」ということで思い付きのコロナ対策をやり出してしまいます。そのせいで、世の中は混乱してしまいます。そうなると、「コロナ対策から生じる問題に対する対策」を考えなければならなくなる。こんなことをしていて、果たしていいのでしょうか?
 ・・・

                             (つづく)
第172回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(5)インド仏教と中国仏教の対立。 [2020年03月15日(Sun)]
 3月4日の楽しく学ぶ歴史ゼミの報告の続きです。
 
●吐蕃には、インドの仏教も中国の仏教も両方入ってきた。
●どっちが正しいか、どっちが優れているか?
●吐蕃のあるお寺で、公開討論会が開かれた。
●勝ったのは、インド仏教。
●それで、チベット仏教の方向性が決まった。

 そして・・・
                  (つづく)
第74回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(3) [2020年03月15日(Sun)]
 11日の第74回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告の続きです。
 
●そもそも、「癒される」ことの理由や原因って?
●癒されるとは、どういうことか?
●癒されると、癒されると思っている。
●言葉にしてしまうと、分かったような気になってしまう。
●自分の心を見つめてみよう。

 それから・・・

          (つづく)
| 次へ