CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年02月 | Main | 2020年04月»
最新コメント
最新記事
<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新トラックバック
お勉強 (05/11)
子どもの利益を守るため。 [2020年03月10日(Tue)]
(758)
 さらに、改めてよく考えてみてください。
 そのように子どもの行動を阻止しようとする時、あなたはまさに彼の身の危険を心配しているわけですよね。
 あなたが権力を行使しようとしているのは、ただただ彼の利益を守るという目的のためだけなのです。



 「火の中に足を突っ込もうとしている子どもがいたとしたら・・・」という若者のたとえ話(682)へのガンディーの反論はまだ続きます。今度は別の観点から、その例証が決して彼の主張の正当化に役立たないことをガンディーは明らかにしようとしているようです。
 若者が設定したこの場面では、次のようになっています。「子ども」は、危険と知らずに火に近付こうとしている。「自分」は、その子どもを危険から守るためにやむを得ず暴力を用いてでもその行動を阻止しようとする。
 これは、正しい目的のためには暴力という悪しき手段を用いることも是認されるということを示すために若者が持ち出した例です。この若者は実は過激な民族主義者で、イギリスによる植民地支配を打破するための暴力的な反抗を正当化しようとしていたのでした。
 しかし、そのたとえ話は彼が主張するイギリスに対する武力行使には当てはまらないとガンディーは指摘するのです。
 なぜなら・・・
第73回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(6) [2020年03月10日(Tue)]
 4日の第73回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告の最終回です。
 
●目的と手段、どっちが大事なのか?
●対になる言葉。
●「本末転倒」の「本」と「末」とは?
●文章の意味をきちんと考えれば、言葉の意味も用法もおのずと分かってくる。


 第74回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」は、明日、3月11日(水)です。
しもかわ読書会2月例会の報告(6)安楽死。 [2020年03月10日(Tue)]
 「しもかわ読書会」2月例会の報告の続きです。

 ●弟に頼まれて、兄はのどに刺さったかみそりを抜いた。
 ●殺人というよりも、自殺ほう助かな。
 ●しかしまあ、人を死に至らしめる行為を行ったのは確か。
 ●森鴎外は医者なので・・・。
 ●安楽死・尊厳死の問題も考えている。
 
 そして・・・
                        (つづく)
| 次へ