CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年02月 | Main | 2020年04月»
暴力は、人間にあるまじき野獣の力である。 [2020年03月09日(Mon)]
(757)
 身体的な力、つまり暴力は、人間として低劣どころか、まさに人間にあるまじき非人間的な力です。
 暴力を用いるということが一体何を意味するのか、私たちはしっかりと理解しておかなければなりません。




 「もしも子どもが火の中に入っていくのを力ずくで阻止するのが可能な場合には、たとえそれが低劣な行いであるとしても、とにかく身体的な力が有効だ」という考えをガンディーは否定します(756)
 「確かに暴力は良くない。しかし、現実的な問題を解決するためにはやむを得ず暴力を用いなければならないこともある。つまり、暴力は必要悪なのだ」。そういう考えに対して、「そうではない。暴力は人間にあるまじき悪、絶対的な悪だ。暴力を用いるということは、人間として低劣であるというだけではない。それは、自らの人間性を棄ててしまうということなのだ」と、恐らくこのようにガンディーは言いたいのだと思います。
 さらに・・・
第73回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(5) [2020年03月09日(Mon)]
 4日の第73回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告の続きです。
 
●「本末転倒」って、どういう時に使える言葉なんだろう?
●それは、テスト頭になってしまっています。
●正解を求めると、かえって分からなくなることも多い。
●問題の正解が出せても、本当に理解できているとは限らない。
●言葉を学ぶとは、どういうことなのか?

 そして・・・

          (つづく)
3月定例学問会の報告(4)問われる存在意義。 [2020年03月09日(Mon)]
 1日の定例学問会の報告の続きです。
 
●学校に行く意味、塾に行く意味が厳しく問われる。
●勉強は、家にいてもできる。
●塾に行かなければ得られないものとは何か?
●一方的な講義だけなら、動画でもいい。
●問題をやらせるだけなら、問題集でいい。

 そして・・・
                (つづく)
今週の予定 [2020年03月09日(Mon)]
 今週の予定です。
 
 
【小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ】
 第74回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」
 日時  3月11日(水)
     18時〜18時45分
 場所  下川町公民館2階会議室
 内容  参加者の希望に応じて
  

【しもかわ読書会】
 しもかわ読書会3月定例会
 日時 3月15日(日)
    12時〜15時頃
 場所 モレーナ
 内容 未定「何かやりたい」という人がいたら、学長までお知らせください。
 

 すべて、誰でも参加できます。どうぞよろしくお願いします。
| 次へ