CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年01月 | Main | 2020年03月»
最新コメント
最新記事
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新トラックバック
お勉強 (05/11)
スキュラとカリュブディスの間。 [2020年02月03日(Mon)]
(723)
 まさに、前門の虎、後門の狼といった状況です。
 あなたは盗賊の被害に遭ったかわいそうな人々に深く同情せざるを得ませんでした。そして、思いました。
 「確かに彼らの言う通りだ。果たして、私はどうすべきなのだろうか? もしもこのまま盗賊を野放しにしておけば、彼らに対する私の面目はきっと失われてしまうだろう」。



 「あなた(過激な民族主義者の若者のことです)は隣人たちの利益を守るために盗賊との戦いを宣言したが、そのためにかえって盗賊の襲撃を受けた隣人たちから抗議されてしまった(722)」という話の続きです。これはあくまでも仮定の物語なのですが、ガンディーは想像の翼を広げてどんどん話を発展させていきます。
 「前門の虎、後門の狼」とは、一難去ってまた一難というような意味です。もちろん、インド人のガンディーがこのような言い回しをしているわけではありません。英語版では、「スキュラとカリュブディスの間」と記されています。スキュラとカリュブディスとは、イタリア本土とシチリア島の間にあるメッシーナ海峡に住むと言われる怪物です。ギリシア神話では、この2つの怪物がオデュッセウスの行く手を阻んだことになっているそうです。というわけで、ガンディーはヨーロッパの古典にもかなり造詣が深かったようですね。
 さて、この後の展開は果たして・・・
第69回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(5) [2020年02月03日(Mon)]
 1月29日の第69回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告の続きです。
 
●では、性悪説は?
●性悪説は、荀子。
●人の性は悪なり。その善なるは偽なり。
●孟子の性善説を意識的に批判したと思われる。
●しかし、人の本質的な性質は悪なのだから、人に善を期待してはいけないと言っているのではない。

 ・・・

          (つづく)
今週の予定 [2020年02月03日(Mon)]
 今週の予定です。
   
  
【小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ】
 第70回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」
 日時  2月5日(水)
     18時〜18時45分
 場所  下川町公民館2階会議室
 内容  参加者の希望に応じて
 

 【定例学問会】
 2月定例学問会
 日時  2月9日(日)
     12時〜15時頃
 場所  モレーナ
 内容  参加者の希望に応じて 


 すべて、誰でも参加できます。どうぞよろしくお願いします。
| 次へ