CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年12月 | Main | 2020年02月»
最新コメント
最新記事
<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新トラックバック
お勉強 (05/11)
泥棒が白人だった場合とインド人だった場合。 [2020年01月17日(Fri)]
(706)
 また、もしその泥棒が白人だったとしたら、どうでしょう? あなただったら、インド人の泥棒の場合とは違った手段に訴えると言うかもしれませんね。



 「自分の家に泥棒が侵入したら、どんな方法で彼を追い出すべきかなど問題ではない。大事なのは、とにかく泥棒を追い出すことだ」と主張する若者(679)
に対するガンディーの反論の続きです。
 若者の考えでは、「とにかく重要なのは『泥棒を追い出す』という目的なのだから、『そのためにどんな手段を取るべきか』なんてことは議論を要するような問題ではない」ということなのですが、ガンディーは、「いやいや、そうではない。どんな手段を取るべきかは、いろいろな条件によって変わって来る。目的さえ達成されれば、どんな手段を用いても重要な違いは生じないというのは誤りだ」と言うのです。
 この場合、「その泥棒が白人だった場合とインド人だった場合ではどうか?」ということが問題になっています。「相手が白人だったら懲罰的に、同胞であるインド人であれば寛容的な態度で対応する」とか、「白人だったら敵対的に、インド人だったら温情的に」とか、それによって差を付けるべきだとはガンディーは言っていませんし、考えてもいないと思います。ただ、過激な民族主義思想を持ち、イギリス人に対する不信感や敵対心を表明している若者だったら、そういうことになるのではないかという指摘です。これには、若者も答えに窮してしまったのではないでしょうか?
 さらに・・・
しもかわ読書会1月例会の報告(3)地方創生・地域活性化は行政の仕事なのか? [2020年01月17日(Fri)]
 「しもかわ読書会」1月例会の報告の続きです。

●行政任せ、行政頼み、行政主導でいいのか?
●民間は自治体行政に従い、自治体は国に従う。
●しかし、国の政策はうまく行っているのだろうか?
●少子化対策は、年金は、雇用政策は、経済政策は?
●迷走が続く教育政策。

 そして・・・
         (つづく)
第169回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(2)戦国時代の兵士たち。 [2020年01月17日(Fri)]
 15日の楽しく学ぶ歴史ゼミの報告の続きです。
 
●戦国時代、戦争に参加した人たちの動機は?
●やっぱり、出世のチャンスだったんじゃないか?
●身分の低い者も、戦争で手柄を立てれば・・・。
●もちろん、怪我をしたり命を落としたりするリスクもある。
●戦場での略奪行為もしばしばあっただろう。

 それから・・・

                 (つづく)
1月5日臨時サロンの報告(6)知識や情報があれば、賢く生きられるのか? [2020年01月17日(Fri)]
 1月5日の臨時学問サロンの報告の続きです。
 
●埼玉県とのつながりを、さらに・・・。
●都会の若者が、北海道下川町に来て学べること。
●単に話を聞いたり、見学したりでは得られないもの。
●高い満足度を感じてもらえる学びの場、学びの機会。
●若い人たちに希望を託す。

 それから・・・

                (つづく)
第67回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(2) [2020年01月17日(Fri)]
 一昨日の第67回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告の続きです。
 
●「やらなければならないこと」と「やりたいこと」。
●「やらなければならないこと」があるのに、それとは違った「やりたいこと」をやってしまう。
●要するに、自分の心の中に矛盾や分裂があるということか?
●人間以外の動物は、そんなことで悩むだろうか?
●「やらなければいけないこと」って何?

 そして・・・

          (つづく)
| 次へ