CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年12月 | Main | 2020年02月»
最新コメント
最新記事
<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新トラックバック
お勉強 (05/11)
多くの人々が神についての教えを曲解し、正しい道から外れた生き方をしている。 [2020年01月02日(Thu)]
(691)
 その意味はすっかりねじ曲げられてしまっています。そのため、多くの人々が正しい道から外れた生き方をしているのです。


 
 「神を信じる者は、神を手本にして生きよ(690)という金言について、よく検討すべきだ」と述べた後、「しかし、その意味はねじ曲げられている」とガンディーは言います。
 これは、一体どういうことなのでしょうか?
 神を敬うと言いながら、彼らの信じる神の子が示した生き方を実践しないキリスト教徒のことを批判しているのでしょうか? 「キリストは好きだが、キリスト教徒は好きではない。キリストと似ても似つかないからだ」というような論評をガンディーはしていたと言われています。ただし、これがガンディーの言葉であるという証拠はないそうです。
 あるいは、これはキリスト教徒に限定せず、もっと一般的な意味での言及かもしれません。この言葉が出て来たのは、「正しい目的を実現する手段は正義に則ったものでなければならない」という文脈においてでした。だから、ここで言う神とは目的のこと、「神にならって生きる」とは神に近付いていくための手段のことではないかと思います。つまり、真理や善は、自らの生き方を通して求めるしかない。自らが善や真理を実践しなければ、そこに近付いて行くこともできないということではないでしょうか?
 さらに、ガンディーは・・・
第167回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(7)地上絵はどうやって描いた? [2020年01月02日(Thu)]
 12月18日の楽しく学ぶ歴史ゼミの報告の続きです。
 
●理論的には、拡大図の描き方で描いたと思われる。
●縮小した原図と思われるものもあるらしい。
●しかし、現代人が思いもよらない方法だったかもしれない。
●なぜ、一筆書きなのか?
●なぜ、そこまで大きくしなければならなかったのか?

 そして・・・

                  (つづく)
| 次へ