CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年11月 | Main | 2020年01月»
最新コメント
最新記事
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新トラックバック
お勉強 (05/11)
一度手に入れてしまえば、失うことはない。 [2019年12月14日(Sat)]
第16章 暴力
(672)
<読者>
 そんな説を聞くのは初めてです。恐怖によって得られたものは、その恐怖が続く間しか保てないなんて。
 しかし、一度与えられたものが引き戻されることなんてないのではありませんか?


 
 「立法参事会で部分的に選挙制度が導入された『モーリー・ミントー改革』は、インド人過激派が行ったテロ活動が影響を与えていたのではないか」という若い読者の意見に対して、ガンディーはその影響を認めます。しかし、だからと言って相手に対する威嚇や脅迫によって自分たちの要求を実現しようとすることを是とするわけではないのです。
 その理由は、「悪によって得られた力で、善をなすことはできない(666)」という原理的なものだけでなく、「恐怖によって得られたものは、その恐怖が続く間しか保つことができない(671)」という実際的な面からも述べられていました。
 ところが、このガンディーの発言に若い読者はまったく納得できなかったようで、上のように激しく異議を唱えています。
 どうやら、この論争の決着が着けられるにはまだまだ多くの対話が必要とされることになりそうですね。というわけで、ここから新しい章に入ります。
 テーマは、ずばり、「正しい目的のために暴力の行使は許されるのかどうか?」です。
 ・・・
第63回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(3) [2019年12月14日(Sat)]
 11日の第63回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告の続きです。
 
●どう教えるかは、教わる人の状況・状態によって決まる。
●まず、相手を知ること。
●分かっているかどうかは、どうして分かる?
●質問と対話。
●見極めを間違うと・・・。

 それから・・・

          (つづく)
| 次へ