CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年09月 | Main | 2019年11月»
自治とは何か。 [2019年10月11日(Fri)]
(608)
 そして、このように考えるならば、「自治とは何か」という問いへの答えもきっと明らかになるでしょう。
 私たちが自分自身を統治することができるようになれば、それこそがまさに自治なのです。


 
 「私たちが自由になれれば、インドも自由になる」と述べた後、ガンディーは「自治とは何か」について語り始めます。実は、この話題は随分前から提起されていたのですが、ガンディーはまだそれについて語る段階ではないと言って言及を避けていたのでした。(131)そしてただ、「あなたが自治(スワラージ)と呼んでいるものは本当の自治ではない(134)」とだけ示唆していたのでした。
 しかしその後、西洋文明の弊害について、精神性について、あるいはイギリスやインドの状態について、様々な議論をしてきたので、遂に自治についても語りうる段階に到達したとガンディーは判断したのでしょうね。
 なお、ここで言われている「自治」とは、英語版でも"Swaraj"と記されています。「スワ」は「自己」、「ラジ」は「統制」を意味するので、スワラージという言葉の元々の意味は確かに「自己の統制」ということになりますね。
 そして・・・
しもかわ読書会9月例会の報告(3)戦争によって、何がどう変わるのか? [2019年10月11日(Fri)]
 「しもかわ読書会」9月例会の報告の続きです。

●戦争と私たちの暮らし。
●平和な日常が失われたら、取り戻すのは大変。
●学校で学ぶ戦争は、支配者の視点。
●勝った、負けた。
●どうして想像力が働かないのか?

 そして・・・
         (つづく)
第56回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(2) [2019年10月11日(Fri)]
 一昨日の第56回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告の続きです。
 
●ブラックホールに入ったらどうなるかは・・・
●ブラックホールに入ってみれば分かる。
●ブラックホールに引き込まれると言うけれど・・・。
●地球にだって、月にだって、引き込む力はある。
●引力? 重力?

 そして・・・

          (つづく)
第162回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(4)メルセン条約。 [2019年10月11日(Fri)]
 2日の楽しく学ぶ歴史ゼミの報告の続きです。
 
●3分割で決着したと思ったら・・・。
●長男ロタールが死んでしまい、2人の弟が相続権を主張。
●ロタールの子どもと弟(おじさん)の相続争い。
●結局、フランク王国は再分割、ロタールの子はイタリアのみになる。
●中部フランクの北の方は西フランクと東フランクが分け合う。
●メルセン条約。メルセンは、現在オランダ領。

 そして・・・

                             (つづく)
| 次へ