CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年08月 | Main | 2019年10月»
これらの弊害は決して文明によってもたらされたものではありません。 [2019年09月25日(Wed)]
(592)
 このような欠点と古くからの文明を混同する人など誰もいないでしょう。
 これらの弊害は決して文明によってもたらされたものではありません。文明に反したものであるにもかかわらず、不幸にして現代まで残ってしまったものなのです。
 それらを取り除く努力はこれまで常になされていましたし、これからも続けられていくでしょう。


 
 「インドが築いてきた文明こそが真の文明なのです」と言うガンディーに対して、若い読者は、「しかし、インドの伝統には改められるべき悪しき側面もあるのではないですか?(587)と反論しました。
 これに対するガンディーの説明は、上のように、「古代から続くインドの社会のあり方は決してすべて肯定すべきものというわけではない。インド社会にも無論のこと欠点はあるが、それはインド文明の一部分・一要素というわけではない。インドの文明から必然的に生じたものでもない。そうではなくて、それらはまったく文明に反したものなのだ」というものです。
 なので、少なくともガンディーにとってはこの若者の反論は意味をなさないことになります。しかも、彼が考える文明とは「人が進むべき道を指し示すような行動様式のこと(558)」なのですから、このような事柄はもちろん文明ではないのです。
 そして・・・
| 次へ