CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年06月 | Main | 2019年08月»
医者という仕事は人間にとって害になる仕事です。 [2019年07月29日(Mon)]
(542)
 医者という仕事を通じて真の意味での人類への奉仕をすることはできません。むしろ、それは人間にとって害になる仕事です。
 そのことを何とかして伝えようと私は努力しているのです。



 かつては「国のために医者になろうと志していた時もあった」522ガンディーですが、その後、医者に対する彼の評価はまさに180度の大転換を遂げたようです。
 もちろん、人間の命を救い、より多くの人々が健康に生きられるようにすることの意義は彼も認めていると思います。だからこそ、「人類への奉仕」という言葉がここで出て来るのでしょう。
 恐らく、ガンディーは「人命を救う」「人が健康に生きる」ということの意義を否定しているのではなくて、「今の医療がやっていることはあまりにも皮相的だ。単に病気を治療することだけを追求して、人間存在の本質を見失っている」と言いたいのではないでしょうか? つまり、「病気を見て人を見ない」「病気を治して人を生かさない」医療の在り方を批判しているのだと思います。
 そして・・・
第46回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(3) [2019年07月29日(Mon)]
 24日の第46回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告の続きです。
 
●熱が、化学変化が起こる条件、化学変化が起こる条件だということは・・・。
●化学変化には熱が使われるのかな?
●ところが・・・。
●鉄と硫黄の化合は、加熱をやめた後も反応が続いたね。
●熱を使ったのなら、加熱をやめれば反応しなくなるはず。

 それから・・・

          (つづく)
今週の予定 [2019年07月29日(Mon)]
 今週の予定です。
 

【小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ】
 第47回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」
 日時  7月31日(水)
     18時〜18時45分
 場所  下川町公民館2階会議室
 内容  参加者の希望に応じて
  
  
 【定例学問会】
 8月定例学問会
 日時  8月4日(日)
     12時〜15時頃
 場所  モレーナ
 内容  参加者の希望に応じて 


 すべて、誰でも参加できます。どうぞよろしくお願いします。

しもかわ読書会7月例会の報告(1)ふたりの兄弟と黄金 [2019年07月29日(Mon)]
 昨日は、西町キャンパスで「しもかわ読書会」7月例会を行いました。
 今回取り上げた本は、トルストイの「ふたりの兄弟と黄金」というお話です。これは、残念ながら町民会館図書室にはありません。以前除籍になった「トルストイのこどものための本」第五巻に収められています。(読みたい方は、学長までお知らせください)
 
●昔、とても仲の良い2人の兄弟がいました。
●彼らは、自分たちのためでなく、他人への奉仕のために働いていた。
●月曜から金曜までは困っている人の所へ行って無償で働き、日曜日は2人で過ごした。

 ・・・

                             (つづく)
| 次へ