CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年06月 | Main | 2019年08月»
最新コメント
最新記事
<< 2019年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新トラックバック
お勉強 (05/11)
私の心は弱くなってしまいました。 [2019年07月19日(Fri)]
(532)
 つまり、医者は私にいらないお節介をしたのです。そして、私が自分の欲望のとりこになる手助けをしたのです。
 彼のお蔭で私の体は確かにより楽になりました。しかし、私の心は弱くなってしまいました。



 「もしも私が食べ過ぎて消化不良になってしまったら・・・」というたとえ話(529)の続きです。
 消化不良になった私は、医者の所へ行って薬をもらいます。そして、薬を飲んだら腹痛は治まりました。しかし、ガンディーに言わせれば、これは余計なお節介だったのです。なぜなら、消化不良による腹痛は私が当然受けるべき罰であり、これによって私は自分の過ちを悔い改め、そのような行いを二度と繰り返さないように不退転の決意するはずだったからです。
 人間とは弱いものです。だから、人間が自分の過ちに気付き、真の悔い改めをするには、やはり何らかの「痛み」を感じる必要がある場合が多いのではないでしょうか?
 昔から、自分の精神を強くしたいと望む人はしばしば難行苦行を自らに課しました。それは、強い痛みを感じることによって初めて人は深い気付きを得ることができ、また苦しみに耐える過程を通して自己の内面を見つめ、その精神を鍛錬することができるからなのではないかと思います。
 さらに、ガンディーは・・・
第45回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(2) [2019年07月19日(Fri)]
 17日の第45回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告の続きです。
 まず、R君は「心」の定義について考えました。

●心とは、考え方、感じ方、価値観など。
●つまり、その人の人格、その人そのもの。
●心は、経験によって形成される。
●でも、経験だけではないなあ。

 それから・・・

          (つづく)
第156回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(3)ゾロアスター教はどこへ行った? [2019年07月19日(Fri)]
 10日の楽しく学ぶ歴史ゼミの報告の続きです。
 
●イスラムに征服された地域では、イスラム教への改宗者が相次いだ。
●ペルシアの国教、ゾロアスター教はどこへ行ったのか?
●中国(唐)にも亡命者がいたらしい。
●中国では「祆教」と呼ばれた。
●インドには今もゾロアスター教徒がいて、「パールシー教徒」と呼ばれる。

 そして・・・

                 (つづく)
| 次へ