CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ | Main
第123回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(2) [2021年02月27日(Sat)]
 24日の第123回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告の続きです。
 
●解けないような難しい問題が出た時・・・。
●今までは、「どうして解けないんだろう」とイライラしていた。
●今は、冷静に事実を受け入れられるようになった。
●それは、良いのか良くないのか、よく分かりませんけどね。
●諦めることが大事なのか、諦めないことが大事なのか?

 そして・・・

          (つづく)
第123回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(1) [2021年02月25日(Thu)]
 昨日は、第123回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」を開催しました。
 R君、今日のテーマは何ですか?
 「はい。今日は、ぼくが自分の成長を実感しているという話を聞いてください」
 へえ。それは素晴らしいですね。
 「最近、いろいろ考えているんですけどね、自分の心境が以前とは違ったものになっているなあと感じるんですよ」
 ほお。それは、一体どんなことですか?
 ・・・
                       (つづく)
第122回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(5) [2021年02月24日(Wed)]
 17日の第122回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告の最終回です。
 
●多くの子どもが親からしてもらっていることは、決して当たり前ではない。
●親に対する義務を果たすとは、どういうことなのか?
●単に、塾に通っていれば親は喜ぶのではない。
●テストでいい点を取ることで、義務を果たしたと言えるのか?
●高学歴を手に入れれば高収入が約束されるわけではない。


 第123回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」は、今日、2月24日(水)の18時からです。
 
第122回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(4) [2021年02月23日(Tue)]
 17日の第122回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告の続きです。
 
●生徒の学力を上げることは教師の義務ではあるが、生徒の義務ではない。
●ただし、教師にできるのは間接的な支援だけ。
●教師の指導に従うのは、義務というよりも成果を出すための条件。
●教育とは、可能性を見出し、それを伸ばそうということなので・・・。
●できない生徒を見捨てるということは、あまり考えられない。
●教師に対する義務はないが、親に対する義務はある。

 そして・・・

          (つづく)
第122回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(3) [2021年02月22日(Mon)]
 17日の第122回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告の続きです。
 
●親や先生から高得点を取ることを期待されたら、その期待に応えなければならないのか?
●期待に応えるのは、義務なのか?
●期待に応えたいと思うは、自然な感情だろうけど・・・。
●でも、義務とは違う。
●じゃあ、義務って何だろう?
●教師の義務、生徒の義務。

 そして・・・

          (つづく)
第122回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(2) [2021年02月20日(Sat)]
 17日の第122回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告の続きです。
 
●今までは、自分が見たい番組の録画のことしか考えなかった。
●でも、この前、お父さんのために、自分の録画した番組を消去してあげた。
●他人に対する思いやりの気持ちを持てるようになった。
●それで、お父さんも自分の録画した分を消去してくれた。
●でも、「見返りがあったから良かった」というのは、自分中心の考えと変わらないんじゃないの?

 そして・・・

          (つづく)
第122回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(1) [2021年02月18日(Thu)]
 昨日は、第122回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」を開催しました。
 R君、今日のテーマは何ですか?
 「今日は、ぼくが、自己中心性から脱却しつつあるという話を聞いてください」
 ほお。それは、どんなことですか?
 「うちのテレビの録画のことなんですけどね。録画できるデータの量に限度があるから、不要なものは消していかなきゃいけないですよ」
 ふーん。うちにはテレビがないから分からないけど・・・
 「それでですね・・・」
                       (つづく)
第121回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(4) [2021年02月16日(Tue)]
 10日の第121回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告の最終回です。
 
●採点のやり直しをすれば、テストの点数も変わってくる。
●順位や平均点も、変わってしまう。
●自分の点数は重大事だけど、他人の点数はどうでもいいのか?
●テストの点数や順位はどうでもいいけど、自己中心的な考えは是非とも改めた方がいい。


 第122回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」は、明日、2月17日(水)の18時からです。
第121回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(3) [2021年02月14日(Sun)]
 10日の第121回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告の続きです。
 
●テストの問題の解答例は適切ではない可能性がある。
●英作文の採点は難しいね。
●自分は〇をもらえてるからいいけど・・・。
●×だった友達もいる。
●でも、英語塾の先生はそれも正解だと言っていた。
●であれば、採点の訂正をしなければならないのでは?

 しかし・・・

          (つづく)
第121回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(2) [2021年02月13日(Sat)]
 10日の第121回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告の続きです。
 
●テストの問題が不適切だった。
●問題が不適切とは言えないけど、正解を一つに決めるのは不適切だろうね。
●じゃあ、学校の先生に言った方がいいんだろうか?
●でも、面倒くさいよね。
●しかし、このままでは不公平になってしまうのではないか?

 そして・・・

          (つづく)
| 次へ