CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 思いや考え | Main | 政治ゼミ»
しもかわ読書会11月例会の報告(8)森の木と果樹園の木。 [2021年12月08日(Wed)]
 「しもかわ読書会」11月例会の報告の続きです。

●貧乏のどん底、空しい努力、敗残、絶望。
●とうとう、死を決意した木村さん。
●首を吊ろうと山に登る。
●森の中で、たくさんの木が農薬なしで育っていることに気付く。
●土が、違うのだ。
●人間が作るのではなく、微生物が作っている土。

 そして・・・
                       (つづく)
しもかわ読書会11月例会の報告(7)どうして木村さんには歯がないのか? [2021年12月07日(Tue)]
 「しもかわ読書会」11月例会の報告の続きです。

 
●リンゴ農家なのに、リンゴができなかったら・・・。
●当然、収入はほとんどなくなる。
●それでも、木村さんは諦めずに挑戦を続けた。
●家族みんな、貧乏に耐えた。
●キャバレーの客引きのアルバイトまでした。
●ヤクザに殴られて、歯を折られてしまった。

 そして・・・
                       (つづく)
しもかわ読書会11月例会の報告(6)本当に信念を持つということは・・・ [2021年12月06日(Mon)]
 「しもかわ読書会」11月例会の報告の続きです。

 ●絶対に不可能と言われたリンゴの無農薬栽培に挑んだ木村さん。
 ●いろいろやってみて、遂に成功! しなかった。
 ●リンゴは収穫できず、木はどんどん枯れていった。
 ●世の中、そんなに甘くはない。
 ●しかし、木村さんは諦めなかった。

 そして・・・
                        (つづく)
しもかわ読書会11月例会の報告(5)妻への愛と、自然農法。 [2021年12月05日(Sun)]
 「しもかわ読書会」11月例会の報告の続きです。
 
●品種改良が進んだリンゴ。
●農薬がなければ育たない、不自然な種になってしまった。
●リンゴ栽培には大量の農薬が必要、というのが常識になった。
●農薬による健康被害に苦しむ妻のため、無農薬栽培を志した木村さん。
●福岡正信の「自然農法」との出会い。

 そして・・・

                     (つづく)
しもかわ読書会11月例会の報告(4)奇跡のリンゴ [2021年12月02日(Thu)]
 「しもかわ読書会」11月例会の報告の続きです。
 というわけで、今回取り上げた本の1冊目は木村秋則さんのリンゴ作りを紹介した本、「奇跡のリンゴ」です。下川町町民会館図書室にあります。

●「奇跡のリンゴ」。
●何が奇跡なのかと言うと、農薬を使わずにリンゴを育てたから。
●リンゴの無農薬栽培は、不可能だと言われていた。

 そして・・・     
                               (つづく)
しもかわ読書会11月例会の報告(3)木村さんが起こした奇跡とは・・・? [2021年11月25日(Thu)]
 「しもかわ読書会」11月例会の報告の続きです。
 
●NHKの番組で紹介されて有名になった木村秋則さん。
●品種改良が進んだリンゴは、無農薬栽培は絶対に不可能と言われていた。
●しかも、木村さんが作ったリンゴは奇跡の味がする。
●噛むとパリンと音がしそうなほど、しっかりとした歯ごたえ。強烈な甘みと酸味。
●「樹の実」と呼ぶのにふさわしい、野生的な味。

 木村さんも出演している映画「いただきます2」の上映会は明日と明後日です。
 そして・・・
         (つづく)
しもかわ読書会11月例会の報告(2)木村秋則さん [2021年11月24日(Wed)]
 「しもかわ読書会」11月例会の報告の続きです。

●映画「いただきます2」にも出演している木村秋則さん。
●とても有名な、そして偉大な、しかも魅力的な人です。
●「奇跡のリンゴ」という映画も制作されている。
●青森のリンゴ農家、木村秋則さん。
●宇宙人に会ったことがあるのでも有名です。

 ・・・            (つづく)
しもかわ読書会11月例会の報告(1)「いただきます2」上映会があるので・・・ [2021年11月22日(Mon)]
 昨日は、西町キャンパスで「しもかわ読書会」11月例会を行いました。
 先日の臨時学問会では、「ちむぐりさ」が話題になっていましたが、今月の上映会は「いただきます2」だということで、それを観る前に是非とも読んでおきたい本を今回の読書会では取り上げました。
 それは・・・

                             (つづく)
しもかわ読書会10月例会の報告(10)働かざる者、食うべからず。 [2021年11月20日(Sat)]
 「しもかわ読書会」10月例会の報告の最終回です。

 ●イワンは王様になったが、また百姓仕事を始めた。
 ●あなたは王様ではございませんか?
 ●王様だって食わなくちゃならんよ。
 ●悪魔が老紳士に化けて、頭を使って楽に働く方法を教えようとしたが・・・。
 ●イワンには、体を使ってする労働しか思いつかなかった。


 「しもかわ読書会」11月例会は、明日、21日(日)の予定です。
しもかわ読書会10月例会の報告(9)イワンの馬鹿。 [2021年11月19日(Fri)]
 「しもかわ読書会」10月例会の報告の続きです。
 それから、2冊目の本は、トルストイの民話「イワンの馬鹿」でした。
 これも、下川町町民会館図書室にあります。

 百姓だったイワンは、お姫様の病気を治して彼女と結婚し、やがて王様になりましたが・・・

                       (つづく)
| 次へ