CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 思いや考え | Main | 政治ゼミ»
しもかわ読書会2月例会の報告(2)第1話は、「うんこ」。 [2021年02月26日(Fri)]
 「しもかわ読書会」2月例会の報告の続きです。
 
●西日本新聞の連載記事なので、九州各地のレポートが出て来る。
●第1話は、長崎の大学での話。
●学生の食事と排泄物。
●朝ご飯抜きとか、朝ご飯はケーキとか・・・。
●うーん、自分も若い頃は、そんな感じだった。

 それから・・・            (つづく)
しもかわ読書会2月例会の報告(1)食卓の向こう側。 [2021年02月22日(Mon)]
 昨日は、西町キャンパスで「しもかわ読書会」2月例会を行いました。
 今回は、先月に引き続き、「食」について考える本を読みました。
 「食の向こう側 コミック編1」です。
 西日本新聞という九州の新聞で連載された現代日本の食の状況と問題点についてのレポートのコミック版です。絵を描いているのは、魚戸おさむさんです。下川町の町民会館図書室にあります。
 さて、どんな内容の本なのかと言いますと・・・

                             (つづく)
しもかわ読書会1月例会の報告(10)肉食か草食か、どちらかじゃなくて。 [2021年02月20日(Sat)]
 「しもかわ読書会」1月例会の報告の最終回です。
 
 ●人類はもともと、肉食だった。
 ●果物も、食べていただろう。
 ●主に何を食べるかは、地域の状況によって変わる。
 ●日本人の腸は、草食に適応して長いと言われる。
 ●寒かったり乾燥したりしていて農業ができない地域では、肉食は必要かつ合理的。


 「しもかわ読書会」2月例会は、明日、21日(日)の予定です。
しもかわ読書会1月例会の報告(9)肉を食べるということ。 [2021年02月19日(Fri)]
 「しもかわ読書会」1月例会の報告の続きです。
 
●肉を食べるということの是非。
●正解は1つ、と考えない方がいい。
●ベジタリアンとか、ヴィーガンとか、いろいろある。
●何の肉がよくて、何がよくないのか?
●飼育・屠殺・加工の仕方で是非が分かれるのか?

 それから・・・
                       (つづく)
しもかわ読書会1月例会の報告(8)不健康がお買い得。 [2021年02月17日(Wed)]
 「しもかわ読書会」1月例会の報告の続きです。

●トウモロコシから作られる高果糖コーンシロップ。
●補助金のお蔭で値段が安い。
●どうして砂糖が悪者にされるのか?
●特大サイズのワナ。
●肥満や過剰摂取は、貧困層で特に大きな問題になっている。

 ところで・・・
                       (つづく)
しもかわ読書会1月例会の報告(7)食べ物として扱われていないようなものが・・・。 [2021年02月16日(Tue)]
 「しもかわ読書会」1月例会の報告の続きです。
  
●雨ざらしで積まれた大量のトウモロコシ。
●二級トウモロコシはどこへ行く?
●日本にも、輸出されてるんだろうなあ。
●牛は、草を食べる動物なのに・・・。
●本来食べるべきでないものを大量に食べれば・・・。
●人間でも動物でも病気になる。

 ところで・・・
                       (つづく)
しもかわ読書会1月例会の報告(6)みんな、とうもろこし。 [2021年02月14日(Sun)]
 「しもかわ読書会」1月例会の報告の続きです。

 ●肉・卵・牛乳も、家畜のエサはトウモロコシ。
 ●コーンスターチ、コーンフラワー、コーンオイル。
 ●甘味料も食品添加物も、トウモロコシから。
 ●食料品以外にも使われているトウモロコシ。

 そして・・・
                        (つづく)
しもかわ読書会1月例会の報告(5)大規模化した方が儲かるのではなくて・・・。 [2021年02月12日(Fri)]
 「しもかわ読書会」1月例会の報告の続きです。
 
●増産しても、価格は下がるから農家はやっていけない。
●農業をやめるか、さらに生産を増やすしかない。
●大規模になれば経営が良くなるのではなくて・・・。
●経営が苦しいから大規模にせざるをえない。
●アメリカ政府が農業者を喜ばせるには、日本に農作物を売るしかない?

 そして・・・

                     (つづく)
しもかわ読書会1月例会の報告(4)アメリカは自由主義経済という幻想 [2021年02月06日(Sat)]
 「しもかわ読書会」1月例会の報告の続きです。
 
●1970年代以前は、アメリカ政府は小規模農家を支援していた。
●その後に起こった大きな政策転換。
●トウモロコシと大豆の価格を下げるため。
●利益を得るのは農かではなく、アグリビジネス。

 それから・・・     
                               (つづく)

 
しもかわ読書会1月例会の報告(3)アメリカの農業も補助金漬け! [2021年02月03日(Wed)]
 「しもかわ読書会」1月例会の報告の続きです。

●大豆やトウモロコシは、政策的に優遇されている。
●戦争が終わって、武器工場が化学肥料製造工場になった。
●毒ガス工場は、農薬工場になった。
●トウモロコシの価格は生産費より安いが、政府が差額を支払っている。
●農業に補助金を使うのは悪いことではないが・・・。

 そして・・・
         (つづく)
| 次へ