• もっと見る
« 経済ゼミナール | Main | 大人の国語ゼミナール»
5月定例学問会の報告(4)羊を飼いたい [2024年05月29日(Wed)]
 5月定例学問会の報告の続きです。
 
●そうなると、羊を飼う人と飼う場所が必要になる。
●羊小屋の面積は、1.5坪。
●ヤギを飼う本は、図書室にありますね。
●広がる美桑が丘の森の可能性。
●動物がいれば、そこが人間の居場所にもなる。
●協同で羊を飼う実践を目指したい。
●動物園じゃないけど、動物がいる町。

 そして・・・

                (つづく)
5月定例学問会の報告(3)居場所と仕事。 [2024年05月24日(Fri)]
 5月定例学問会の報告の続きです。
 
●仕事をする場所があれば、居場所にもなりますね。
●農業もいいけど、冬はできないなあ。
●みんなで糸紡ぎができる場所があれば、いいですね。
●糸を使って縫い物をしてくれる人も必要。
●北海道で綿花の栽培は難しいので、やっぱり羊毛ですね。

 そして・・・

                (つづく)
5月定例学問会の報告(2)ライブラリー委員と議会モニター。 [2024年05月21日(Tue)]
 5月定例学問会の報告の続きです。

●ライブラリー委員と議会モニター。
●議会モニターの仕事と今後の展望。
●10日に開かれた「議員とのフリートーク」について。
 (詳しくは、「パンケヌカナン村」のブログをご覧ください
●働いていない大人の居場所について。
●どんな場所でもいいわけではない。

 そして・・・

                (つづく)
4月定例学問会の報告(15)その他 [2024年05月20日(Mon)]
 4月定例学問会の報告の最終回です。
 
●羊とチャルカ。
●馬車鉄道ができたら面白いね。
●アルパカを飼うのは難しそうですね。
●ネコはどこまで野生なのか?
●冬の発電方法はないかなあ。
●山菜採りと農業の季節ですね。
●問寒別にNPO法人ができたそうですね。


 というわけで、次は5月学問会の報告です。
4月定例学問会の報告(14)まちの話題。 [2024年05月19日(Sun)]
 4月定例学問会の報告の続きです。
 
●ドサンコ・ハナちゃんがNHKに。
●町長の町政報告会について。
●新しいカフェができるという噂。
●大盛況だった人形劇。
●下川から世界へ、そして、帰って来る人も。
●名寄川のサイクリングロード。
●ヒグマノート。

 それから・・・
                (つづく)
4月定例学問会の報告(13)動物と共存する町。 [2024年05月17日(Fri)]
 4月定例学問会の報告の続きです。
 
●人間と動物が共存する町に。
●地球は、人間だけのものではない。
●ヒグマと人間の共存。
●経済的目的のためでなく、動物と共に暮らしたい。
●馬と合意のもとに、力仕事をしてもらうことは可能だろうか?
●動物との共生、植物との共生、人間同士の共生。

 そして・・・

                (つづく)
4月定例学問会の報告(12)世代から世代へ・・・。 [2024年05月16日(Thu)]
 4月の定例学問会の報告の続きです。
 
●時は流れる。人は、年を取る。
●組織運営の担い手も、世代交代が必要。
●人が代わっても、組織の使命・理念・事業などを継続させるのは難しい。
●時の流れの中で、自分が果たすべき役割は・・・。
●それぞれの世代に求められる役割。

 それから・・・
                  (つづく)
4月定例学問会の報告(11)リニアモーターカーについて。 [2024年05月15日(Wed)]
 4月の定例学問会の報告の続きです。
 
●川勝知事は、どうしてあんなことを言ったのかな?
●やっぱり、学者は政治家にならない方がいい。
●知識人が人々の上に立つという儒教の考え。
●しかし、川勝知事への異常に強いバッシングは何を意味するのか?
●リニアモーターカーは、作らない方がいい。
●地震があったりしたら、恐ろしいことに。
●ほかにも、いろいろ問題がある。

 そして・・・
                (つづく)
4月定例学問会の報告(10)パンケヌカナン村について [2024年05月14日(Tue)]
 4月定例学問会の報告の続きです。
 
●パンケヌカナン村は、どうなってるんですか?
●パンケヌカナン村は、「協同と自治」のまちづくりを目指しています。
●だから、どんな活動をするかもみんなで話し合って、みんなで決めます。
●何をしたいか、どんな地域社会にしたいか?
●何が課題だと思うか、何を変えたいと思うか?

 それから・・・
                (つづく)
4月定例学問会の報告(9)北海道仁木町・再エネ巡る官製談合疑惑。 [2024年05月13日(Mon)]
 昨日、5月の学問会をしましたが、4月学問会の報告がまだ終わっていないので、こちらを先にしたいと思います。
 
仁木町に関する長周新聞の記事、読みましたか?
●決して、遠い町の出来事ではありませんね。
●田舎の町は、カモにされているのか?
●アドバイザーと呼ばれる人は、どう思っているのかな?
●やっぱり、自治が大切ですね。

 そして・・・   
                (つづく)
| 次へ