CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 経済ゼミナール | Main | 大人の国語ゼミナール»
最新コメント
最新記事
<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新トラックバック
お勉強 (05/11)
12月定例学問会の報告(12)合意形成は、手続きの問題なのか? [2020年01月22日(Wed)]
 12月1日の定例学問会の報告の最終回です。
 
●合意形成の本質は?
●説明会や意見を聴く会を開くことではない。
●みんなの問題として考え、みんなで話し合って決定すること。
●やっぱり、コミュニティ(共同体)。
●共同性を実感できないのはなぜか?


 1月の定例学問会は、26日(日)を予定しています。
12月定例学問会の報告(11)話し合いを大切に。 [2020年01月10日(Fri)]
 12月1日の定例学問会の報告の続きです。
 
●話し合いをする時、自分の考えを通そうとすると・・・。
●言い合い、言い争いになるか・・・。
●妥協・屈服・追従になる。
●相手の意見を聴き、自分の考えを相手に合わせていければ。
●ディベートやプレゼンの練習より大切なこと。

 そして・・・
                (つづく)
12月定例学問会の報告(10)話し合いの文化を創造するために。 [2019年12月28日(Sat)]
 12月1日の定例学問会の報告の続きです。
 
●町議会の話し合いは、質の高いものになっているだろうか?
●国会よりは、マシかもしれないが。
●かみ合わない議論を活性化させるためには?
●必要とされるアドリブ力、突っ込み力。
●子ども議会は、役場が中心になってやらない方がいい。

 そして・・・
                (つづく)
12月定例学問会の報告(9)創造的思考と話し合い [2019年12月26日(Thu)]
 12月1日の定例学問会の報告の続きです。
 
●合意形成と言っても、合意に到達することだけが目的ではない。
●お互いの違いを認識したり、論点を整理することにも意義がある。
●話し合いの過程の中で生まれるもの。
●より良い解決策や方向性を探っていくために。
●最初から結論が決まっているなら、創造性はない。

 そして・・・
                (つづく)
12月定例学問会の報告(8)コミュニティと自己肯定感 [2019年12月24日(Tue)]
 12月1日の定例学問会の報告の続きです。
 
●自己肯定感という言葉がどうして出て来るのか?
●当たり前のことは、言語化されない。
●コミュニティは確かに面倒くさい。
●でも、しがらみがなく自由であるとは、バラバラで孤立しているとも言える。
●昔のようなコミュニティを復活するのではなく・・・。

 そして・・・
                (つづく)
12月定例学問会の報告(7)人間が社会的な存在である以上 [2019年12月20日(Fri)]
 1日の定例学問会の報告の続きです。
 
●合意形成という言葉はなかったが・・・。
●合意形成は、コミュニティにとって当たり前のことだっただろう。
●話し合い、アイヌ語のチャランケ。
●一人で生きていく、のでないとすれば・・・。
●普段からやっていないと、合意形成をする社会的な力はつかない。

 そして・・・
                (つづく)

12月定例学問会の報告(6)民主主義は多数決なのか? [2019年12月13日(Fri)]
 1日の定例学問会の報告の続きです。
 
●民主主義は多数決、というのは本当か?
●多数派が少数派を抑圧・支配するのは正当なのか?
●多数の決定は、賢明な少数者の決定よりも常に正しいのか?
●多数決ですべてを決めるなら、話し合いは必要ない。
●どうしてこの社会に民主主義が根付かないのか?

 そして・・・
                (つづく)
12月定例学問会の報告(5)合意形成を諦めるなら・・・ [2019年12月11日(Wed)]
 1日の定例学問会の報告の続きです。
 
●一部の人に決定を委ね、それにみんなが従わなければならないことになる。
●つまり、専制政治。
●決定者が1人か、少数か、比較的多数かは、本質的な問題か?
●合意形成されないことを全体の決定として、それに皆が従うなら・・・。
●つまり、自分の意志に反したことを強制される。

 そして・・・
                (つづく)
12月定例学問会の報告(4)少数派を抑圧するのは民主主義ではない。 [2019年12月06日(Fri)]
 1日の定例学問会の報告の続きです。
 
●合意形成が不可能だとすれば、もう一つの対処法は・・・。
●一部の人が決定し、他の人々はそれに従う。
●つまり、合意形成が不可能なら、民主主義も不可能になる。
●多数決は、民主主義ではない。
●少数意見を無視、少数者を支配、少数者に従属を強制するのは民主主義ではない。

 そして・・・
                (つづく)
12月定例学問会の報告(3)合意形成は不可能なのか? [2019年12月05日(Thu)]
 1日の定例学問会の報告の続きです。
 
●合意形成は難しい、と言うより、不可能なのではないか?
●人間の考え方は非常に多様だし・・・。
●家族の中でさえ、合意形成は難しい。
●もし、合意形成が不可能だとすると・・・。
●考えられる一つは、「何も決定しない」。

 そして・・・
                (つづく)
| 次へ