CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«第128回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(2) | Main | 第195回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(6)金。»
受動的抵抗は、魂の力。 [2021年04月04日(Sun)]
(1139)
2.真の自治を実現する方法は、受動的抵抗です。それはすなわち、魂の力です。あるいは、愛の力と呼んでも構いません。



 「ヒンド=スワラージ(インドの自治)」の最後のまとめ、第二番目は、「真の自治を実現する方法としての受動的抵抗」についてです。
 受動的抵抗については、第17章で詳しく述べられていましたね。
 しかし、ガンディーの主張によれば、「受動的抵抗」というのは決して受動的ではありません。それどころか、極めて能動的なものだと言えるでしょう。
 ですから、この時点では最も一般的な用語であった「受動的抵抗」という言葉を使ってはいますが、本当は適切とは言えないのです。だからガンディーは、これを「魂の力」「愛の力」「真理の力」と呼ぶことを提唱しているのです。
 そして・・・
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント