CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«第193回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(1)このままでは不安、な気がするけれど・・・。 | Main | 第121回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(1)»
最新コメント
最新記事
<< 2021年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新トラックバック
お勉強 (05/11)
あなたがたは暴力的な力を持っている。しかし・・・ [2021年02月11日(Thu)]
(1088)
 もちろん、あなたがたは我々の体を切り刻むことも大砲で粉々に吹き飛ばすこともやろうと思えばできるでしょう。



 当時インドを支配していたイギリス人に対するガンディーのメッセージの続きです。
 「もし、あなたがたがインドを統治したいと望むならば、我々の求める条件を満たせるようにせよ。さもなくば、我々は被統治者としての立場を拒否する(1087)」と、彼は不当な植民地支配への不服従を宣言します。
 もちろん、イギリスが圧倒的な軍事力を持っていることは彼も十分に認識しています。そして、多くの支配者がそうするように、彼らが暴力によって民衆に服従を強いる可能性があることも知っています。
 だから、既に述べられていたように、「受動的抵抗を行うためには、死をも恐れぬ勇気が必要(834)」なのです。
 しかし・・・
 
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント