CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«第186回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(7)スペインとイスラム教。 | Main | 第106回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(3)»
最新コメント
最新記事
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新トラックバック
お勉強 (05/11)
伝統的な手織りの綿布を作る仕事を復興させることができた。 [2020年10月30日(Fri)]
(987)
 ベンガル州の大胆な取り組みについて何かで読んだ時、私はとても嬉しく思いました。
 そこには織物工場がなく、その結果、伝統的な手織りの綿布を作る仕事を復興させることができているのです。
 ベンガルで起こったことは、ムンバイの工業にも大きな励ましを与えました。



 「インドの綿工業が衰退した原因は、マンチェスターではなく我々の方にある
(986)という話の続きです。原因が自分たちの方にあるのであれば、その問題を解決するための方策も自分たちが持っているはずなのです。
 ベンガルとは、ガンジス川とブラマプトラ川の下流にあるデルタ地帯を指す地域名です。現在は、インドの西ベンガル州とバングラデシュに分かれています。ベンガルは、この本の最初の方、第2章(ベンガル分割)で出て来ましたね。((64)などを参照してください)
 ムンバイは、インド西部、アラビア海岸に位置する港湾都市です。この時代は「ボンベイ」と呼ばれていました。綿工業が盛んだったそうです。
 そして、さらに続けてガンディーは・・・

トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント