CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«第186回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(2)スペインを、取り戻す。 | Main | 10月定例学問会の報告(6)今の住民が「いい」と言えば、それで良いのか?»
最新コメント
最新記事
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新トラックバック
お勉強 (05/11)
清められなければならないのは・・・。 [2020年10月23日(Fri)]
(980)
 今、西洋文明という大きな波がこの国に押し寄せています。しかし、この波をかぶっているのは岸辺にいる人々、すなわち我々のような知識人だけなのです。
 だから、清められなければならないのは我々であり、我々は自らの努力によって穢れのない状態を回復しなければなりません。インドの大衆は、このような穢れとはまったく無縁の存在だからです。
 


 宗教教育に関するガンディーの話の続きですが、ここから議論が大きく展開されていきます。
 原文(英語版)では、「汚染されているのは岸辺だけだ。だから、清められる必要があるのはそこにいる人々だけだ」と、象徴的な表現でしか書かれていません。しかし、この後の記述を読むと、これはやはり西洋文明を「外洋からやって来る穢れた波」にたとえているのだろうと思われます。
 インドを隷属状態に陥らせているのは主に西洋文明であり、「現在隷属状態に陥っているのは、西洋文明に影響された人々だけ(604)」というような見解もこれまでに何度も繰り返されていました。だから、これも同様の主張なのではないかと思います。
 そして・・・
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント