CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«10月定例学問会の報告(5)民主主義とは、何なのか? | Main | しもかわ読書会10月例会の報告(2)国鉄は、すごい赤字だった»
最新コメント
最新記事
<< 2020年12月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新トラックバック
お勉強 (05/11)
宗教教育も、排除されるべきものになる。 [2020年10月22日(Thu)]
(979)
 もしも彼らが良識を取り戻そうとしないのであれば、宗教教育もまたイギリスの教育と同じように排除されるべきものになります。
 しかし、イギリスの教育をやめることができたとしたら、宗教教育をやめることもそれほど難しくはないはずです。
 


 「最も大切なのは宗教教育である」と確信的に述べていたガンディーですが、決して既存の宗教教育の現状に満足していたわけではありません。(978)では、イスラム教・パールシー教・ヒンドゥー教の聖職者・教育者たちのことを非常に激しく批判していました。
 そして、そのような宗教教育の担い手の質の向上が実現しないならば、宗教教育もまた悪しきもの、排除されるべきものとなるだろうと彼は言うのです。
 しかし、きっとインドの宗教者たちが本来の道に立ち返り、正しい宗教教育がインドにおいて行われるようになるだろう。そのような希望を彼は持っていたに違いありません。
 そして・・・
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント