CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«第104回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(3) | Main | 10月定例学問会の報告(4)恩恵を享受する地域と、犠牲になる地域。»
最新コメント
最新記事
<< 2020年12月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新トラックバック
お勉強 (05/11)
国民を奴隷のくびきから解放するためには・・・。 [2020年10月17日(Sat)]
(974)
 私たちが奴隷になっているせいで、インド国民全体が奴隷にされてしまっているのです。だから、我々が自由になれば、インド国民も奴隷のくびきから解放されるのです。



 「インド人が(英語ではなく)インドの多様な言語を学び、インド各地の人々が自分たちの諸言語で意思疎通や相互理解を深めることができるようになれば、私たちは遠からずイギリスの言葉を使わなくてもよくなる(973)」という話の続きです。
 ガンディーは、英語教育は自民族を隷属状態に陥らせるものだと考えています。だから、英語への依存度を軽減するためにインド人がインドの多様な言語を学習することを強く訴えているのです。
 しかし、この時代に英語を学んでいたインド人は一部の知識人層だけだったようです。だからガンディーは、「我々が英語でなくインドの言葉によって自己表現や他者理解を図ることができるようになれば、イギリスに従属しないインド人によるインド人のための文明社会を築いていくことができる。それは、インド人民全体の解放につながることなのだ」と言いたいのでしょうね。
 さて、これを聞いた若い読者は・・・
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント