CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«第103回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(1) | Main | 第184回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(2)ウイグル人の移動。»
最新コメント
最新記事
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新トラックバック
お勉強 (05/11)
既に英語教育を受けてしまっている人は・・・。 [2020年10月01日(Thu)]
(958)
 ですから、既に英語教育を受けてしまっている人は、それが必要な所では英語を役立てれば良いでしょう。
 イギリス人と交際する時、あるいは自国民と交際する時でも、英語でしか意思の疎通ができない場合もあります。



 ガンディーは、英語教育の推進には反対の立場です。それは、英語の普及はインドの隷属化を深め、固定化することにつながるからです。また、インド人のアイデンティティを弱めてしまうからです。(943)
 しかし、現実的には英語がインドにおける事実上の共通語になっていることも彼は認識しています。だから、「既に英語を学んでいる人々」に対して、「英語を使うな、英語を忘れよ」などという乱暴なことは決して言わないのです。「必要な場では、英語を有効に使いなさい」と、実に穏健で現実的な助言をするのです。
 しかも、彼はこの後、インド人が英語を学ぶ意義についても言及します。それは・・・
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント