CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«法廷では、自分の言葉で話すことができない。 | Main | しもかわ読書会9月例会の報告(1)秋田県の農家出身の偉人と言えば・・・»
第183回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(8)藤原道兼 [2020年09月27日(Sun)]
 16日の楽しく学ぶ歴史ゼミの報告の続きです。
 
●花山天皇の寵愛する藤原忯子(しし)が死んでしまい・・・。
●花山天皇は悲嘆に暮れてノイローゼのようになってしまった。
●そこで、藤原兼家は三男の道兼を花山天皇に会いに行かせた。
●悲しみに打ちひしがれる天皇に、道兼は・・・。
 
 そして・・・
                  (つづく)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント