CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«しもかわ読書会9月例会の報告(1)秋田県の農家出身の偉人と言えば・・・ | Main | 今週の予定»
最新コメント
最新記事
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新トラックバック
お勉強 (05/11)
我々の隷属状態を象徴する・・・。 [2020年09月27日(Sun)]
(954)
 まったく不合理なことです。これが我々の隷属状態の象徴でなくて、一体何だと言うのでしょう?


 
 ガンディーの英語教育批判の続きです。
 「私たちの国の最高の思想は英語によって表現されている」、「国民会議の議事進行でさえも、英語によって行われている」、「インドで最も有益な新聞もまた、やっぱり英語で印刷されている」、さらに、「インドにおけるインド人の裁判も、英語で行われている(953)」と述べてきたことを受けて、「これが我々の隷属状態の象徴でなくて、何なのか」と彼は厳しく問うのです。
 このように、言葉というものには支配従属関係を作り出す機能もあるのです。現代日本語の中の共通語と方言の間にも、このような関係があるかもしれませんね。
 しかし、イギリスによるインド統治の場合、イギリスは意図的に、つまり、インド人を自分たちに同化させ、また従属性を強め、固定化させるために英語教育を行ったのでしょうか?
 このような英語教育によるインドの隷属化についてのガンディーの見解は、・・・
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント