CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«しもかわ読書会8月例会の報告(8)生還した特攻隊員の遺した言葉。 | Main | 9月定例学問会の報告(3)公とは何かが問題なのではないか?»
最新コメント
最新記事
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新トラックバック
お勉強 (05/11)
ヨーロッパでは時代遅れになっているシステムを、今、我々は追い求めている。 [2020年09月17日(Thu)]
(944)
 この事実に是非とも気付いてほしいのですが、今、我々の間で流行しているのは、ヨーロッパではもう時代遅れになっているシステムです。
 ヨーロッパ人の中でも教養のある人々は、決して現状に甘んじることなく絶えず変革に努めています。私たちはそれを知らないで、彼らが既に棄て去った古いシステムを忠実に模倣しようとしているのです。



 これは、何でもヨーロッパを模倣し、ヨーロッパに追随していこうとする近代化を批判するガンディーの言葉です。もちろん、日本のことではなく、彼の祖国であるインドについての論評です。
 つまり、「近代化=進歩=ヨーロッパに近付くこと」という考えは、日本だけでなくインドにもあったのでしょうね。熱心な愛国者でさえも、この対話に登場する若者のように、その愛国心のゆえにインドがヨーロッパ化されていない現状を嘆き、憂い、そして積極的にヨーロッパから学び、ヨーロッパの文物を取り入れようとする人が多かったようです。
 これに対してガンディーは、「そうではない。ヨーロッパの近代文明は決してインドが取り入れるべきものではない」と主張してきました。(182)さらにここでは、「インド人が理想と考えているヨーロッパのシステムは、実は彼ら自身にとっては克服されるべき古いシステムになってしまっている」と指摘するのです。
 そして、彼はイギリスで学んだ人なので、イギリスにおける具体的な事例を次に取り上げて自説を補強しようとするのです。それは・・・
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント