CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«第94回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(4) | Main | 今週の予定»
最新コメント
最新記事
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新トラックバック
お勉強 (05/11)
勇気について語ることと、勇気があることとは違う。 [2020年08月02日(Sun)]
(898)
 その時、彼はこう思いました。
 「ああ、私は何物も恐れない心について今まで語ってきたけれど、結局それは空しいおしゃべりに過ぎなかったようだ。恐れない心など、私の中にはまったくないではないか」。
 


 「杖を持った人が歩いていて、その目の前に突然ライオンが現れた」というたとえ話(897)の続きです。
 彼は、本能的に身を守ろうとして杖を持っていた手を振り上げたのですが、その時にこう思ったそうです。つまり、彼がライオンと戦おうとしたのは、彼の勇気を示す行動ではない。むしろ反対だったということです。
 そうだとすれば、彼の考える「勇気」というのは「ライオンと戦う勇気」ではなくて、「ライオンに食い殺される勇気」だということのようですね。意外に思われる方も多いかもしれませんが、「人を殺すよりも、殺される方が大きな勇気を必要とする(834)という論理に基づいて考えると、そういうことになるのでしょうね。
 そして、ライオンに会った人は、このように反省した後で・・・
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント