CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«7月定例学問会の報告(2)信玄堤と山田堰。 | Main | しもかわ読書会6月例会の報告(4)哲学なき経済学を超えて。»
最新コメント
最新記事
<< 2020年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新トラックバック
お勉強 (05/11)
既婚者が、完全な純潔を守るためには・・・。 [2020年07月09日(Thu)]
(875)
 では、結婚して妻のいる人はどうすればいいのか?
 そういう疑問が起こってくるのも当然だとは思います。しかし、それはまったく無用の心配なのです。



 「純潔こそ、受動的抵抗の最も重要な原則の一つです(872)」とガンディーは言いました。この場合の純潔とは、まさに性的な禁欲のことです。「それがどうして受動的抵抗と関係あるのか」と思う人もいるかもしれませんが、彼にとっては大いにあるのです。「完全な純潔を貫き通すことができなければ、受動的抵抗を行う精神的な強さを保持することはできない」とさえ彼は断言しています。
 けれども、この主張に対しては、「では、既婚者はどうなのか?」という疑問が当然提起されてくるでしょう。それは、ガンディーも十分に承知しているようで、そのような疑問にもきちんと答えようとしています。
 しかし、「その心配は無用」と言っているので、もしかすると・・・
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント