CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«第177回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(5)やっぱり、菅原道真。 | Main | 第90回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(5)»
最新コメント
最新記事
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新トラックバック
お勉強 (05/11)
純潔こそ、受動的抵抗の最も重要な原則の一つである。 [2020年07月06日(Mon)]
(872)
 純潔こそ、受動的抵抗の最も重要な原則の一つです。なぜなら、受動的抵抗を行うためには堅忍不抜の心が絶対に欠かせませんが、それは純潔を守り通すことなしには決して得られないものだからです。


 
 受動的抵抗者になるための必須の要件の1つとして、ガンディーは「完全な純潔」を挙げました。(871)
 「純潔(chastity)」とは、「汚れがなく心が清らかなこと」あるいは「性的な交わりがないこと」という意味ですが、この場合は果たしてどちらでしょう。堅忍不抜の心を得るために必要不可欠なことだと彼は言っていますが、いずれにしても直接的な関係があるとはあまり思えないと感じる人が多いのではないでしょうか。
 実は、これに続く後の部分を読むと、ガンディーが意図しているのは後者の意味、つまり、性的な純潔、貞節、もっと言えば性的な禁欲のことなのです。
 それは、一体どういうことなのかと言いますと・・・
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント