CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«しもかわ読書会5月例会の報告(2)家にいて、サティシュは何をしたか? | Main | 第86回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(2)»
受動的抵抗にとって、敵はいない。 [2020年06月05日(Fri)]
(842)
 受動的抵抗は、すべての人の味方になってくれる剣です。
 それは、どのように使うことも可能です。
 それを行う人自身も、そしてそれが使われる相手も、同じように清められ、また悪から守られます。


 
 「受動的抵抗は、最強無双の力である(829)」と述べたガンディーは、その優れた点として、(1)受動的抵抗は、身体的暴力よりも大きな勇気を必要とする。 (2)受動的抵抗は、どんな人にでも実践可能である。 ということについて言及していました。さらにここでは、「受動的抵抗は、それを行う人自身も、そしてそれが使われる相手も、共に良い結果を受けることができる」という利点を指摘しています。
 確かに、通常の暴力であればそんなことはありません。それによって自分が利益を受ける時には、相手を傷付けたり、場合によっては殺したりしているわけです。また、相手も暴力を用いるのですから、自分も無傷というわけにはいかないでしょう。下手をすると、自分が命を奪われてしまうという結果もありうるのです。
 これに対して、受動的抵抗の場合はどちらにも害を及ぼしません。ここでガンディーが重視しているのは身体的な害ではなくて、精神的・道徳的な害であることにも注意したいと思います。
 それから・・・
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント