CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«しもかわ読書会4月例会の報告(14)資本主義経済と民主政治は、本当に個人を尊重しているか? | Main | 受動的抵抗を実践するためにはどれだけの勇気が必要か?»
第84回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(4) [2020年05月24日(Sun)]
 18日の第84回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告の続きです。
 
●教師が生徒に振るう暴力はすべて体罰なのか?
●正当防衛は除く。
●では、正当防衛以外の暴力はすべて同じなのか?
●それでは、学校における教師の暴力だけを取り出して問題にする意味は何?

 そして・・・

          (つづく)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント