CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«第174回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(6)塩税。 | Main | 今週の予定»
激しい兄弟げんかは新聞のネタになる。 [2020年04月12日(Sun)]
(790)
 彼らのやっていることはたちまち新聞の記事になります。彼らのけんかは近所の人たちの話題になり、ひょっとすると歴史上の事件になるかもしれません。
 


 「兄弟げんかがエスカレートして、肉体的な暴力を使った戦いになったり、裁判所に訴えて法律上の争いになったりしたら・・・(789)」という話の続きです。 
 「まさか、兄弟げんかが新聞報道の対象になることはないだろう」と思うかもしれませんが、殺人事件や傷害事件になれば、そういうこともあるでしょう。
 「それにしても、歴史上の事件にはならないだろう」と思うかもしれませんが、権力者の兄弟げんかであれば、歴史に残ります。例えば、日本古代の壬申の乱は兄の子(天智天皇の子、大友皇子)と弟(大海人皇子、後の天武天皇)の争いだということになっていますし、中世の観応の擾乱は室町幕府の初代将軍足利尊氏と弟の直義の争いでした。
 そして・・・
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント