CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«3月23日子ども特別ゼミの報告(2) | Main | 第173回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(4)茶、絹、漆。»
私たちは、この世界で繰り広げられてきた戦争の記録のことを歴史だと思っている。 [2020年03月26日(Thu)]
(774)
 私たちが歴史として知っているものは、つまり世界で繰り広げられてきた戦争の記録にほかならないのです。



 「もしも王や皇帝などの支配者たちの行ってきたことが歴史であるとするならば、その中に魂の力の実例を見つけることはできない(772)」とガンディーは言いますが、それは、支配者たちの歴史の中には野蛮で低俗な武器の力しか見られないということです。
 確かに、支配者たちは、国と国との間でも、また国の中においても、本当に数えきれないほどの戦争を繰り返してきました。しかも、破廉恥なことにそれを「平和のため」と称して行うことさえしばしばあります。
 そんな戦争の歴史を見ていると、「戦争のない社会なんて、まったく夢でしかないのだろうか?」という気にもなってしまいそうですが、もちろん希望を失ってはいけません。
 しかし、人間の可能性に対する希望は、決して権力者たちの闘争の歴史の中に見出すことができないのです。
 さらに、ガンディーは・・・
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント