CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«2月定例学問会の報告(2)ナンダカオモシロソウカイ | Main | 2月定例学問会の報告(3)新型コロナウイルスの話題»
泥棒が来るので、ドアも窓も開けておきました。 [2020年02月12日(Wed)]
(732)
 それで、あなたはその次の日から、ドアも窓も開けっ放しにしておくことにしました。寝室の場所も変えました。自分の持ち物は、彼が持って行きやすいように並べて置いておきました。



 自分の家に泥棒が入ったとして、彼に対して怒りの感情を抱くのではなく、「彼も同じ人間なのだ。彼がこんなことをしているのは無知のためなのだ」という気持ちで受け止めたとしたら(729)という話の続きです。
 だから、単に盗みという彼の行為をとがめずに黙認するということではないのです。「いずれ機会を見て、彼が改心し更生できるように努力しよう」と心に期しているのです。
 さらに、改心させると言っても決して一方的に訓戒を垂れてお説教をしようということではありません。それでは、きっと効果は望めないでしょう。そうではなくて、あくまでも彼の立場に立ち、彼の内面的な動機を明らかにした上で適切な働きかけを行っていこうと考えているのです。
 そこで、まずは泥棒を受け入れる態度を示そうとしたのでしょうね。
 これに対して、泥棒は一体どんな反応をするのでしょう?
 ・・・


トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント